« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

おや睡眠

今日はほんとにおやすいみんの日です。

コンペ提出しまひた。ねむたひです。

おやすみなはい。すひません。

ねるこはそだつとな。

060317_142101

見に行紅葉

11月も残すところあと2日、今週末はもう12月です。

イルミネーションは年々前倒しに早くなってきましたが

ひとの気持ちや自然の変化はまだゆっくりです。

昔より暖かくなっているとしても、12月に紅葉が見られるのは

なにかと慌しい年末、立ち止まる時間をくれます。

「鎌倉で紅葉がきれいなとこはどこ?」

よく聞かれます。いつも適当にお寺の名前を答えていますが、

小さなまちだから自分たちで歩いて「ここはきれい」「ここはまだ」

とか散策して、お気に入りを見つけるのが王道です。

ネットには、本当の美しさはありません。よい週末を。

Sn370164

Sn370165

紅葉の最前線

木の葉が紅くなる理由、聞いたか読んだかしたのに

思い出せません。「訳は話せないけれど、私は変わった。」

というのは、女性が言いそうな台詞ですが、自然というものは

何も語らずとも饒舌です。日々刻々と変わっていくもの。

木々は調子が悪くなると、季節によらずに葉を落とすそうです。

動くことが出来ない木も、そうやって行動しているんですね。

そういう自然の不思議さ もっと知りたいぞ。

鎌倉の紅葉もこれから見ごろがはじまります。

Sn370163

気分真ん中の日

今日は朝からどんよりしています。気分もどんよりするかと

思いきや、気力充実。考えてみれば曇りの日は、晴れと雨の

真ん中でした。「どまんなか」というお米もあるし

的を得た発言などできそう。

昨日も今日も白鷺さん 川の出口に佇んでいました。

転がる石の日々より。

Sn370157

Sn370162

気持ち集中週間

三連休の鎌倉とても混んでました。犬散歩も大変です。

人ごみをすり抜け右往左往、どっちが犬だかわかりません。

今朝は月と朝焼けとてもきれいでした。

歩き始めると多少の寒さはへっちゃらです。

身体を動かすと頭もよく働くようです。

今週末の締め切り仕事にむけて

ひたすら自助努力の月曜日、ハッピーマンデイになりますように。

Sn370153

Sn370156

Sn370158

もういくつねると

もう来週末は12月。クリスマスソングが似合う月

あたりまえですが いろいろなパーソナルイベントが

待っています。近頃は紅葉も遅くなり12月が見ごろ

さまざまな風景が目の前にひろがる季節

こころを水平にして五感で味わうことにします。

読みたい本や観たい映画もおいでおいでを

していることだし。

Sn370087

「あきら」君でした。

Sn370150

一丁目の朝日

お天気がいいと 週末は それだけで幸せな気分。

本当に気持ちよくスタート出来ます。

普通の人々のくらしを支える仕事をしていると

週末お休み返上することもありますが

好きなことをしているので まったく苦にはなりません。

恋愛とおなじですね。相手に合わせたり、時間を気にしなかったり。

ものづくりのひとつの理想として ひとが恋焦がれるものを

つくることがあります。映画だって 小説だって 音楽だって

建築をつくることも 苦労してつくった「物語」が ひとには

ちゃんと伝わるものと信じて。

Sn370151

気持ちのかたち

こころにかたちはあるのかな? 目には見えなくても

ありそうな気がする。 気持ちも妙にトゲトゲしたり

不思議とほんわか 柔らかだったり ハリネズミのときや

子犬のようなとき いろいろなかたちがある。

ねこはこたつで丸くなり 犬は洗面器のなかでまるくなる。

いぬがまるくなると 本格的な冬の訪れです。

060907_094901

床暖房の吹出し口のうえで

Sn370073

心の中心で

「世界の中心で愛を叫ぶ」 のなかで 主人公の大沢たかおさんが

母校の体育館を 訪れるシーンが ありました。

あの気持ち ものすごく よくわかる気がします。

鎌倉で生まれ育ちましたが 中学一年から二年の二学期まで

仙台で過ごしました。多感な時期を のんびりしたところで

暮らした経験は かけがえのない財産です。

バレンタインのチョコレート 初めてもらったのも

体育館の脇でした。四半世紀以上たった ある七夕の日

訪ねてみました。 あったんですね、思い出の渡り廊下が。

おりしも 夏休みの部活中 プールでは 男の子と女の子が

冗談いいつつ 練習中。 「今も 昔も 変わらないな。」

その夜 子供たちと食べた牛タンのおいしさとともに

一生忘れないと思います。

050807_174601

050808_103701

恋 ビビビ

よく 女性から 「ビビビ」 について 聞かされます。

いくら 忙しくても 「ビビビ」 ときた 男性から誘われれば

なんとか都合をつけて 飛んでいくって。

「ビビビ~っ!」って いわれると ウルトラマンのスペシウム光線

を 思い浮かべてしまうオジサンでも なるほどと思います。

男もそうだと 思います。 ただ 仕事のウェイトが 男のほうが

重い場合が多いし 「ビビビ」に対して 鈍いのも事実。

いろいろなものに 素直に反応できるよう 感性のアンテナを

はっていたいぜ。そうすれば 「ビビビ」 の受信もふえるかも。

 ここまで書いて ふと思う。 「ビビビ」について よく聞かされる

ってことは 「ビビビ」って こないってことだな。

木枯らしの吹く季節 急に こころに 隙間風 「ピュー!」

Sn370144

Sn370145_2

今日のお仕事 好き?

今日も 律儀に 朝が来ました。札幌では 右から左に雪が降っている

ようです。もう 鎌倉も冬の空気です。深呼吸すると 鼻の奥がツーンと

冷たい。独特の冬のにおい 好きです。この場合の好きというのは

たとえば 女性にたいして いう「好きです。」と いうのとは

似ているけれど 違いますね。口にするときの 緊張の度合いが

まるで。仕事も恋愛も 好きなことには かわりないけれど

仕事には 経験が いかされるけど 恋愛は 相手がいることで

かならずしも 経験積んだからといって うまくいく訳ではない。

なんてこと 考えながら 今日も 好きな 仕事 します。

Sn370141

Sn370142

イッセー尾形さんのお芝居

ここは横須賀 ヨコスカ・ベイサイド・ポケット で

イッセー尾形さんの とまらない生活2007 を観ました。

ヨコスカのボードウォークを歩いて劇場へ 横須賀海軍カレーの

イベントの カレーの香りに 後ろ髪ひかれつつ 到着。

お芝居は 一年分 笑ったほど おもしろいものでした。以前

横浜の赤レンガ倉庫で 観た時より 数倍パワーアップ!

セリフや仕草のひとつひとつが 創り込まれて よくここまで

考えつくなぁ 泣きながら 大笑いの午後でした。ひとり芝居の

極北? だれにもまね出来ない 芸でした。また 来年の楽しみが

ひとつ ふえました。

Sn370133

Sn370134

あの日に帰る

昨晩は同窓会 おいしいお魚 お酒 会話 毎年のことだけど

同級生と 他愛のない話で 盛り上がるのは とても楽しい。

五反田の 魚金さん にはたくさんおいしいものがありました。

食べ物がおいしいと 会話もはずむものです。いつも幹事役ですが

人々が 出会う場所をセッティングするのも 場をつくるしごとに

通じると思ってます。今はなき 建築家 吉阪隆正さん のことばに

「世界中に 同世代の同志を 確立せよ」 とあって 学生の時から

こころの片隅に ずっと残っています。世界中までいけるかどうか

わからないけれど まわりの友人たちの 集う場所をつくることが

その意志に つながっていけたらいいな。

紅葉を見にいこうよう なんつって。

Sn370128

Sn370129

Sn370130

きもちのよい居心地

いままで たくさんの椅子に坐ってきました。肩書きのついた椅子も

ありますね。「総理のいす」「社長のいす」 某繁華街の女性のいる

お店では みんな「社長さん」と 呼ばれますけど。

そういう はなしではなくて いい姿勢を保つことが 椅子の座り心地の

はじめの一歩と思います。デスクワークには しっかりと身体を支えて

くれるOAチェアがいい。私の椅子は 岡本製作所の「バロン」チェア

デザインはジウジアーロ コドモのころ いすず117クーペのデザインが

好きだったので 決めました。リクライニングができて お昼寝に最高です。

設計事務所をやっているので 「所長のいす」 あんまりいわないな。

うつくしいひとは 立ち姿もうつくしい。姿勢がよくて 遠くからみても

凛として 一本 筋が通っている。だんだんと 寒くなってくると

背中が丸まって 格好悪くなるものですが ピンと背筋ぐらい伸ばして

インフルエンザとかにも 立ち向かいたいものです。

Sn370013_0002

 

犬にも 「待ち姿勢」 というものが あるようで。

Sn370125

痛飲 通勤 通院

昨晩は おいしくワインをいただきました。自然のめぐみに感謝。

葡萄という作物からのおくりもの おいしく出来たワインを

「お祝い」するイベントと 考えて 楽しんでいます。

ゆうべ 痛飲して 通勤しているひともいるのではないかなぁ?

幸い 私たちは 飲み過ぎることもなく ホームオフィスなので

通勤時間は15秒 ありがたいことです。サラリーマン時代は

痛飲により 二日酔いでフラフラしたり 寝過ごしたり 痛勤して

いました。満員電車に揺られる時間 サラリーマンのひとたちは

トータルすると 何年間か 電車の中で暮らしていることになるそう。

そのあげく 病気になって 通院する やなサイクルです。

自由業なので 今朝も犬と散歩 今日の海は うす曇り

でも 伊豆と大島 見えて なかなか きれいでした。

Sn370118

ワイン三兄弟プラス1

今日も じつにいいお天気で こころも晴れ晴れ 気持ちがよい!

Sn370112

そんな一日の終わりには ワインが3本に うなぎのように横たわるバゲットが

あるじゃあーりませんか!

Sn370115_2

Sn370116

deux mille deux  さんと bonjour さんに感謝。おフランスな一日です。

きもちを簡単に

ややこしい問題や どうしようもないことに きもちを

引っ張られていては どうにもたのしくないですな。

結局 だれにでも 時間は平等だし 悩んでいるひまが

あったら 体を 動かして 一歩踏み出せば

たちまち 周りの景色も 変わっていくもの。

前年比で右肩あがり なんてことばっかり追求しても

それが 一体 どれほどのことか。

前向きに 後ろを向くこと 「昔は良かった」ではなくて

一昔まえに立って いまの方向を見てみれば

目線も自然に変わって 新しい視点がもてる。

考えることも 大切ですが からだが 固まってしまっていては

なにも 変わっていきません。季節は 毎日 着々と 冬支度。

うちの犬の 怒った顔 笑った顔  見ていると

こっちまで 単純で簡単な きもちになりましたとさ。

Sn370068_2

Sn370101 

解禁前夜

子供のころ 遠足の前の日 わくわくしていました。

すこし 成長して 文化祭の準備をみんなでして

前夜祭 学園祭しかり 実際はじまってしまう前が

じつは一番楽しい あれこれと準備しているときが

みんなの個性が 発揮されて 盛り上がって

いざ 当日の朝を迎えると すこしテンション下がって

いたり・・・・。さて あしたになればボジョレーが

待っています。お店は deux mille deux

ドゥ ミル ドゥ 鎌倉の裏駅 御成町にある

ワイン屋さんです。おいしいワインに食材 美しい小物

に 気さくな オーナー ムッシュという感じです。

お店の名前の由来は ・・・ そういえば まだ聞いたことが

ありません。いらっしゃって たずねてみてください。

Sn370102

ことしも 出来がよいそうで さてメニューは どうしよう?

うれしいほどお天気

今日も 朝もはよから 天晴れな天気で 海へいくと

伊豆も 大島も すごく近くに 見えました。

こういう日は 仕事もほどほどに 抜けるような空と

ともに 楽しんで 夕方を迎えまひょう!!!

Sn370110_2

Sn370108

Sn370109_2 

Sn370111

基本中の基本

今週は 11月の真ん中 いいお天気 晴れベースの 一週間になりそうです。

「上機嫌」で行きませう。15日はボージョレ解禁ですし 週末は同窓会です。

空気が 乾いて 空も高くて ビールもおいしい。朝から なんですが。

でも 日常は ささいな うれしいことの 積み重ねで できているわけで。

声高に 環境問題を 叫ぶより 近くにいる人たちと 「おはよう」 「こんにちは」

愛と感謝に生きよう という歌 耳に残ってます。

Sn370106

Sn370104

Sn370103

11月11日の1日

数字に弱い人 数字につよいひと 数字に追われるひと 仕事をしてる中で

よく問われる デジタルの時代でも 結構 自分のラッキーナンバーを信じて

いたりするし 最近は 車のナンバーも ぞろ目にしたり 数字を気にする人

多いと思います。背番号「1」と「3」 といえば 王さん 長嶋さん しか考えられない

世代なので なにかと 「割り切れない」 ことの多い昨今 子供のころは

単純でよかったな。と 思っていたら うちの子供が 「444」の ゲーム表示を

みて 「こわっ!」 「不吉!」 反応のしかたは いまも昔も 同じようです。

建物の設計屋をしていると つくづく 数字相手の 商売だなと思います。

家でも ビルでも ひとが使うものであれば 「寸法」 という数字を大切にしないと

使いにくい みにくいものになってしまいます。日本であれば 畳の大きさは

坐って半畳 寝て一畳 身体の寸法から きていますし お箸ひとつとっても

手の大きさや 指の長さによること など。建物の 使いやすい 使いにくい

は ひとつひとつの 小さな寸法から はじまっているものです。

もうひとつ 大事なことは 「比例」 簡単にいうと 小さな寸法と 大きな寸法の

バランスでしょうか。縦長 横長 プロポーションのいいひと と同じで 建物を

かっこうのよいものにするためには 設計屋のバランス感覚が問われます。

 でも 偽装問題では そもそもの 人としてどうか が問われていました。

建物をつくるのには たくさんの「お金」がかかります。人様のお金で建物を

自在に設計する すばらしくも責任の重い設計者たるもの 日々の糧に

設計をして 飯を食うのならば 「人様のお金」である という感覚を

失うことは 自分の存在理由を無くすことにほかなりません。

 まっとうに 「数字」という現実を 日々相手にしていると ふと空を

見上げて うつろう雲のかたち に励まされる ぞろ目の日です。

Sn370080

Sn370099

自分を捨てるひと さがすひと

日本の風景には どこへいっても それはたくさんの立て札や標識や看板があります。

それに加えて 「うるさい日本の私」で中島義道さんが書かれているように

たくさんのアナウンス。「黄色い線の内側までお下がりください」「危険ですから手摺に

おつかまりください」「携帯電話の電源はお切りください」 などなど あげていけば

きりがないです。鎌倉の小町通りにも 音を垂れ流す店が でてきました。

鎌倉は世界遺産に登録を目指していますが 図書館は貧弱ですし 街中の道路は

段差ばかり 足元をみていません。どこが 文化都市なのでしょう?

古都というものは たくさんの積み重ねで 出来上がっているはずなのに

いらないもののほうが たくさん降り積もって そのうち 覆い隠されていくのかな。

立て札によくある 「ポイ捨て禁止」 の ポイ捨て って行動そのまま貧しい言葉。

きっと ポイ捨てするひとは 自分の一部分を 捨てているんだよ。自分の大切な

プライドでさえ ポイって とっかえひっかえ。 挙句の果てに 中身がからっぽに

なったら 自分さがし したりして。 なんて 犬相手に 声高に 言ってみても.......。

地面に ポイ捨て禁止 って書くひと と 捨てるひと の感覚は 同じ気がします。

残念ながら うちの犬には 読めませんでした。

Sn370096

あしたのボクの自分エンジン

きのうから また人様の住まいを考える仕事をはじめました。

たくさんの設計屋さんが参加する設計コンペ(競技)です。

偽装はやり?の一級建築士 すでに登録している有資格者は

30万人以上 (ただ通し番号制なので最初のほうの方たちは

すでに.....。)多すぎるのが 偽装の一因かと 自分のことは棚上げ

して 思っています。自分の中身の棚卸しをするためには

新しいきもちで ある家族の家を考えることが必要です。

いま ひとびとがほんとうに必要としているものは 「物語」

家族のこれからの生活という ものがたり を受け止め

紡ぐことができるような たしかな器をつくりたいものです。

自分のことばを エンジンとして すこし前のめりに

月末の締め切り目指します!!!

1060625_img

きもちをこめて

だんだんと肌寒い朝になってきました。顔を洗うのもお湯になり

枯れ葉舞い落ちる、毎日掃き掃除、レレレのおじさん化しています。

もう年賀状のはなしが聞こえていますが、40億枚以上の売り上げが

毎年コンスタントに見込めるなんて、超極零細微弱企業経営者からみると

なんともうらやましいこと。あけおめメールですますひともふえているけれど

やはり年賀状ぐらいきちんとだしたいものです。季節の感覚をもつことこそ

日々の穏やかなくらしに通じるものだから。

年賀状に限らず 気持ちを込めた手紙を 運んでくれる 郵便局って

やはりとても大事な仕事をするとこ。郵便事業株式会社になっても

さらに窓口対応の遅さに拍車がかかっていたりするけれど

大事な手紙をはこぶ原点にたてば いずれよくなることでしょう。

まちを歩けば いろいろと 目にするJPさんです。

Sn370079

Sn370095

こどもたちの居場所

むかしむかし 空き地がたくさんあったり 路地裏だったり 裏山だったり

川でザリガニ探しだったり こどもの遊び場は たくさんありました。

八幡様の境内や 小学校の裏山にも こもったり カン蹴りしたり

爆竹で やけどして 血豆つくったり それはそれは たくさんのことを

夏草や 土のにおいとともに 過ごした思い出があります。

いま こどもたちは おうちでゲームの日々です。友達のいえでも

たがいに ニンテンドーDSの画面を見ながら 会話?してます。

でも 笑い声を聞いていると むかしもいまも 同じような気がします。

親友が かけがいのないのは これからも おなじでしょう。

さて、我が家も 川の字寝から 二の字寝×2 に変わる時期を

迎え 子供たちのスペースを 片付けました。まずは ベットと椅子を

用意して あとは 手摺の高さに合わせて 長いカウンターを。

いわゆる 子供部屋は いらないと思います。どうせ 食卓の大テーブルが

机になったりしているのですから。ただ ひとりになって こもりたい日も

これからは あるだろうから そういう居場所 こころのよりどころのような

ところが 家の一部にあればいいと 子供だったころを思っての結論です。

願わくば シルクロードのちいさな岩窟のなかで 小さい空間ゆえに

おおきな 宇宙と交信した 僧侶のような 感覚をもってほしいと思います。

(写真はビフォーです。アフターは次回に)

Sn370088

Sn370089

空模様の日々

ほぼ毎日 雨降りの日以外 早朝の散歩に出掛けていますが

だいたい 会うひとは 決まっていて 犬をつれているひと同士

ご挨拶するときは 相手のかたの顔より 犬の顔を見ているので

犬と一緒でないと 判らなかったりします。

ひとは 見たいものしか見ないというのは きっと本当で

私のように 朝の空を 見上げながら 歩く人は 見かけません。

秋の空 夕焼けもきれいですが 朝の空模様は また格別です。

女ごころと秋の空 本当は 男ごころの方が 優柔不断

コロコロ 変わる。なにが言いたいんだか・・・。

Sn370081

Sn370082

Sn370083

Sn370084

秋深し

ブログのアドレスを変更するのにさえ、けっつまづきトホホです。

IT時代に適合しない体質でしょうか。アナログのレコードと

カセットテープからスタートした世代からみると 仕事で使っていても

ブラックボックスが たくさんある デジタルの現場。そう思うこと自体

すでに 時代遅れなのですね。日暮れて 道遠し。

そんなこととは関係なく 季節はすすみ 影も ながく なりました。

ながーい影をみていたら 鼻の下を のばすのは 男性だけだと

聴いたことを思い出しました。女性には それがないので

すぐに下心を 見透かされてしまうのです。

犬には 鼻の下がないな。

Sn370053

これからの自分主義

いまや情報がたくさんあって いろいろなひとが意見を述べていて

参考にもなるのですが、時々、では自分の意見は?と自問してみると

なんにもなかったりして。でも、やる気はなにかやらないと出ないので

自分なりにすこし考えてみると、モノがたくさんあり過ぎて、モノあまり

人々が買わなくなって経済が回らないのではなくて、じつはご自分の

アタマそのものがよく廻ってないのでは、という結論になりました。

自営業という自由業をなりわいにしていると、結局「からだが資本」

というところに落ち着きます。最高の自然資産として、ちいさなおのれ

をみれば、自然資産=からだという 身体資本主義 が成り立つと

思ってみました。多分、自分に都合のよい ご都合主義のことです。

「これでいいのだ。」

ほぼ日手帳のことし

先日 2008年のほぼ日手帳が届きました。この手帳のお気に入りは

旧暦と「月の満ち欠け」が載っていること。そして 来月12月から

始めることができること。来年に向けて早めのスタートができます。

「記録することも文化である。」とするなら たとえ平凡な日常であっても

ちいさなことから 書き留めてみる。そんなことから まずはやってみよう。

届いた手帳の箱には「なんでもない日、おめでとう」について書かれています。

手帳を変えると すこし生活者の視点も変わると 想像するのもたのしい。

今年の11月からは 新たな楽しみが加わりましたとさ。

Sn370052_0001

モノあまり 足りない時代

いまは ものあまりの時代と 言われて久しいのですが 相変わらず

ものづくりをしている私たちでさえ なにも省みず 地球から資源という

あまりに寛大なサービスを受けながら ものを造り続けています。

ひとりひとり 自分のこころに 問いかけてみたら 足りない時代に

いることが わかるのではないでしょうか。?

・考え方 ・責任 ・知恵 ・感謝 ・思いやり ・行動 などなど・・・・。

人には 器の大きいひと と表現がありますが ひとえに大きな考え方

やわらかな考え方が出来る人のことかなと思います。自分の中に核が

あって そこを中心に 周りを見ることができ 内面から自然に湧き出る

意志によって 行動するから 責任をもつことが当たり前である。

おばあちゃんの知恵袋を紐解けば 知ることの恵みを受ける。

「ありがとう。」って 感謝するきもちが 素直にうまれる。

もうひとつ 足りないのは ひとのいうことばに 耳をかたむけること。

自分のことをわかってほしいひとばかりで (ブログ書くひとのこと?)

だまって聴いてあげるひとがたりない。

建長寺の和尚さんは ひとがなにか言ったら 返事は「ああ、そう」で

いいと。ただ 嘆くひとには「ああ、そう」のあとに「大変だったねえ」を

喜ぶひとには「ああ、そう」のあとに「良かったねえ」をつければいい。

おもいやりとは そういうちいさなことばの積み重ねなのでしょう。

ふと 足元をみれば きれいな花が咲いていました。

しあわせとか 希望とか 身近なところにあるものです。

Sn370050

年末進行

ハロウィンがおわって 11月のはじまり。よく作家さんとか雑誌づくりの編集者は

お正月号用に 原稿を まとめて早めにあげることを 年末進行といってますが

最近はなんでも 前倒しで お歳暮 クリスマス 年賀状 おせち予約

みなさん 早過ぎやしませんか? 自然の紅葉は 12月に 先送り?

のんびり 進行して行くのに せっかくのいい季節が 11月から慌しいのは

値上げの秋 だからでしょう。庶民は つつましく 身の丈にあわせて

暮らしたいものです。

今日は 鎌倉 歐林洞 で 12月25日 に行われる 吉田美奈子さんの

クリスマス・コンサート チケット発売日。ゲットしてきました。うちから

歩いて3分の場所で 毎年 年末 日本の魂(ソウル)シンガーの歌声が

聴けるのは 贅沢な とてもありがたいことです。しかもワイン&ケーキ付!

ピアノの 倉田信雄さんとのduo ほんもののうたとピアノ たのしみっ!

Sn370071

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31