« うるおっています? | トップページ | 波風たてないよ »

回らない時代に彩り

季節は巡って、気持ちも春に向かって張る毎日です。

よく、今の日本は経済が回っていない、と評論家さんが

コメントしていますが、本当に回ってないのは、

ひとの気持ちのほうだと思います。

気が回らないのは、頭がまわってない、頭がまわらないのは、

体がまわってない、血の巡りが悪いとやっぱり頭も働かない。

運動不足のサイクルに、はまってしまっているのかな。

 日々の散歩は、自然と視線を上にあげてくれます。

自分をすこし下げて、目線が上にあがるってことは、

子供の視点に近づくことかもしれません。

子供のように、たくさんのことに、気がつきますように。

 ミスチルさんの「彩り」の歌詞はいいな。

ぼくのした単純作業が、まわりまわって、どこかのだれかや、

目の前のひとの笑い顔をつくっていく。 という 彩り。

自然の営みにも、毎日たくさんの彩りが、あふれています。

Img_0275

« うるおっています? | トップページ | 波風たてないよ »

ことばの時代」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 回らない時代に彩り:

« うるおっています? | トップページ | 波風たてないよ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31