« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

決戦は今日も続いて

昨日から持ち越したコンペ仕事

山場をこえて打ち上げ間近です!

 すこしでも良い提案をとねばる

気持ちも大切ですが、一息ついて

冷静に目を通す時間も必要です。

 雨降りの静かな土曜日の朝。

午前中に打ちあがる目途がついたので、

すこしゆっくりと進めて行こうと思います。

 ただ、息切れしているだけだったりして。

今日から、「夏の美術館」、鎌倉の近代美術館で

はじまります。楽しみに。

Img_1095

決戦の金曜日

霧雨まじりの肌寒い朝を迎えました。

今日、明日はすっきりしない

すこしグレーがかった日になるようです。

 朝の海、波打ち際では5人組みが

裸足ではしゃいでおりました。

なにをしても楽しい季節、ひとには

かならずあります。仲間と笑いあう

かけがえのない季節。

おじさんはひとこと「風邪ひくど~!」

 なんてことを言っている暇はないのでした。

仕事の締め切り、ドリカムの「決戦は金曜日」

アタマの中で鳴らしながら、あと十時間!

おいしい祝杯を目指します。

Img_1094

素直なかたち

ものにはかたちがあります。

きもちにも、その日その時々の、

目には見えないかたちがある。

と思っています。

 とげとげしいかたちや、やわらかい

かたち、開くかたちに閉じるかたち。

 囲んだり、包んだり、もののかたちを

表現することは、きもちをかたちにする。

また、今日もそんなふうに思って、

かたちを創ります。

Img_0918

うれしい散歩

蒸し暑さが続き、Tシャツの季節です。

早朝の風は気持ちよく、それだけで

うれしい一日が始まります。

 足元の犬もいそいそと楽しげに。

仕事もよくはかどりそうで

なにも言うことはありません。

週の真ん中、週末のくつろぎを

めざしてはりきってます。

よい、一日を。日々、是好日。

Img_1036

Img_1037

押さえが大切

今日はいいお天気です。

プレゼン模型をつくっていたら、

左手の二の腕が痛いことに気がつきました。

きき腕ではないのに?

 訳はカッターで材料を切るのに、左手で

しっかりと押さえているからでした。

普段鉛筆とマウスぐらいしか手を使ってない

軟弱さがこんなとこにも、とほほ。

 現代棟梁、田中文男さんの言われた

「端々を押さえろ」また思い出しました。

Img_0976

Img_0977

Img_0978

ものづくり週間

もう夕立という言葉が聞かれる季節です。

夏日の今日は、健康診断。

体が資本の自営業。粛々と。政治家か。

 今週はものづくりに集中します。

場所をつくることは人の心をつくること。

いま考えられる、最良の答えさがして。

Img_0970

Img_0975

部活ログ

雨降り、止みそう?止まない?微妙な朝です。

部活の試合があるそうで、

子供がそわそわしていまっす。

 思えば学生時代、ずいぶんと部活時間

過ごしました。今から思い返しても

なんであんなに体が動いたのか、

不思議なくらいで、笑ってしまいます。

食欲もそれに応じて、晩御飯×2.5回ほど。

 心も体も伸びるさかり、一生な財産になると

願っています。よいお天気をください。

Img_0958

近場の旅

今朝もいい天気です。午後から下り坂?なんて

信じられない。気持ちのよい潮風が吹いていました。

 来週末、設計コンペの締め切りなので、

今日から、そのまとめ。いかに、伝えることが

出来るか、そのことへの挑戦です。

戦ではなくて、闘いのほうです。自分との。

 終わったら、どこかへ近場旅へ。

Img_0965

Img_0967

Img_0968

平穏無事の日々

朝日が焼けていました。今日もすこし暑くなりそう。

 大きな災害が続いて、心もざわざわと落ち着きません。

しかーし、我が家の犬はいたってのんきに

ぐーすかと寝ております。

 ありがたいことです。いつも思いますが、

何もない日こそ、大切なことを。よい、週末を。

Img_0963

Img_0956

Img_0957

飽きない商い

時々、時を忘れて図面を書いているときがあります。

気がつくと「ゴハン」の時間になっていたり。

好きこそものの上手なれ、取り柄と仕事が

あっていれば、それだけで幸せなことでしょう。

飽きない商売、ありがとう。

 時は失うものではなく、生まれるもの

そういう時間に耐える建築をめざして。

Img_0951

Img_0953

Img_0954

夏日の手帳

嵐が過ぎて、波は高い朝を迎えました。

ほぼ日手帳によると、24節気のひとつ

「小満」草木がぐんぐんと伸びる季節。

 鎌倉では緑濃くなって、庭の草も

たくさん伸びてきました。

 澄んだ空気に包まれて、仕事も

はかどりそうです。手帳にも

「グッドジョブ!」と書ける日がほぼ毎日に

なりそうです。よい季節に感謝多謝

Img_0943

Img_0948

Img_0949

勝手な人の住まい

昨夜から土砂降りです。犬も散歩を諦めて

ゴロリしています。

 人間は勝手なもので、寒い冬には暖かい家

暑い夏には涼しい家、元気なときには明るい家、

風邪の日には翳りのある毛深い家がよくなります。

 日本の雨も、だんだんとスコールが長く続くような

降り方になってきた感じがしています。

ますます大きなしっかりとした屋根が大切になる。

そのためのデザイン力、しっかりとモノにしたいと

勝手に思ってます。せめてココロに青空を。

Img_0888

勝負週間

週末まとめようと思った考え

いまだかたちになってません。

端緒はあり、方向性も見えて

いるのに、もうひとつの何か

足りません。こういう時は、

歩きながら考えることからしか

答えは出てこないものです。

地道とはこういうことなのかな。

Img_0941

日々これ好日

清々しい日曜日の朝。朝露にうるおう日々です。

 日差しも段々とたかくなり、初夏の気配で

満たされていました。

 外の気配は、人の内面にも伝わるようで、

心も体もうまいこと動いてくれています。

 休日の海、女性サーファーのウエットスーツ

丈が短くなって、夏がはじまってました。

Img_0930

Img_0935

Img_0936

Img_0939

いろいろ届く日

おはようございます。

いいお散歩でした。

文句はありません。

朝ご飯はまだです。

海にいく途中、友達に

たくさん会いました。

なかには「うーっ!」と

ケンカを売ってくるやつ

がいて「ぐわー!って

言い返してやりました。

今日はおとうさん宛てに

ぷりんたーってやつと

はーどでぃすくってやつ

いんくじぇっとってやつ

なんだかたくさんくるそう。

犬にはなにか届くのかな?

Img_0926

Img_0920

Img_0923

国家資格の中身

設計コンペの締め切りまで二週間「気合だ!」

 建築士という□◇いや資格も更新するときに

適正かどうか、を判断される世の中になります。

ひとの中身を、きちんと判断するなんて

出来るのでしょうか?そも大臣認定の

その大臣、政治にビジョンすらないのに、

「福田ビジョン」なにを展望するのでしょう。

 一市民は、ひとりひとりささやかな

「ビジョン」を抱いて、今日も働きます。

Img_0914

Img_0913

したたかなしなやかさ

ようやく太陽が帰ってきてくれました。

ウグイスの声で目覚め、コジュケイの

「チョットコイ。チョットコイ。」で散歩帰り

出迎えをうけました。

 しなやかであるということの芯には

見えない強靭さがあるようです。

犬や鳥のからだには、その強靭なものが

隠れていて、野性ともいうのでしょうか。

 いざという時の集中力、心の中の強さが

いると思います。しなやかでしたたかな

強さ、すこしづつ身に付けていこうと

動き始めました。

Img_0904

Img_0909

Img_0912

蒼氓

たくさんの無名の人によってつくられる

私たちの暮らし。支えられて共に生きる。

民という字は「ひと」とも読みます。

有名ではない、無名の民を「蒼氓」と。

石川達三さんの「蒼氓」から時代は

移り変わり、平成も20年目。

ただ、懸命に暮らす日々。

行く川の流れはたえずして

どこへたどりつくことやら。

Img_0550

ちょっとずつ上げてけ

台風や地震のニュースに落ち着かない日です。

季節も桜の咲く前に逆戻りのよう。桜の頃には

ずいぶんあったかくなったと思いましたが、

5月の季節に慣れると、却って寒い気がします。

 仕事でいいアイデアが浮かばないときは、

やっぱり風邪気味だったり、なにか気がかりなことが

あったり、目には見えない原因があるみたいです。

 目の前に現れてくるいいアイデアが、目に見えないことに

左右されるのも、おもしろいことだなと最近は考えます。

 人は、何かについて考えはじめると、眠っている間でさえ、

過去の記憶、アタマにインプットされたデータをとっかえひっかえ、

いろいろと結びつけようとすると聴きました。

 結局、毎日の経験、見るもの聴くものや味わうもの触れるもの

風の薫りからインスパイアされるのが、私たちのようです。

 日々、すこしずつの積み重ね、そこからみたい。

そこで岡本太郎さんの「積み減らせ!」が生きてくるようです。

Img_0870

Img_0871

いい建築の物語

何気ない日常に、ふと思い出す光景は

ないですか?夏の日差しの中、

風に吹かれて飛んでいく砂、

足元にはハマナスが咲いていた。

 よい風景の邪魔をせず、寄り添う建築。

一つ、創れたらいいなと思っています。

 時を紡ぎだす空間、記憶に残る場所、

いつか目の前に現せることを願って。

よい、一週間を。

Img_0895

時間つなぎ紡ぎ

季節は早く、変わり目のようで、初夏にむけて

すっきりとはいかないみたいです。

 こんな日には、本棚からひとつかみ。

ランダムに引っ張り出して、パラパラと読むのも

有意義な休日の過ごし方かと思います。

 休みに意義を求めること自体、休んでないような

気もしますけど、日々の暮らし方そのものが

ものづくりに繋がっていくと思えば、「それでいいのだ。」

なかなか、バカボンのパパのように言えなくとも。

 母の日、雨がやんだら、近所の花屋さんに出かけてきます。

フツーの日曜日、フツーに過ごせることに感謝して。

写真は「ある晴れた日」。

Img_0432

Img_0794

Img_0795

過ぎ去ること夢のごとし

今日は御殿場の現場に行ってきます。

あっという間にGW明け、再び週末、

月曜の感覚で、水曜日が始まって

昨日、北海道では雪が降っていました。

 ぼーっとしていても、懸命に働いていても

時間だけは、どんな人にも平等に過ぎていきます。

ココロの目だけは、しっかりと見開いていこうと

風邪っぴきのぼーっとしたアタマで思いました。

 ギヤーがいつもと違うとこに、はいっているので

普段とは違う、よい考えが浮かぶかもしれません。

 よい、週末を。

Img_0875

Img_0874

Img_0880

じっとする一日

薫る風に、早朝あたりすぎたのか、ノド風邪。

気持ちのよい風が、邪魔になるから風邪?

 犬の散歩にも、代打を出します。

ピンチヒッターとはよくいったもの。

思えば「ベースボール」に「野球」という字を

当てはめたのもぴったり。そう名づけた方の

名前出てきません。すいません。

 風邪流行っているようなので、お大事に。

自分に言ってます。すいません。

Img_0892

不安のない生活

今日も穏やかに始まりました。海は静かに波が打ち寄せて。

 GWに考え事をしていたら、ふと発見しました。

「不安」というのは、実際には「ない」と。

自分がそう思っているだけで、漠然とした不安を抱えて、

なんて、言うのはもう止めにしました。

 池田晶子さんの「自分」なんてものはない。を、私なりに

腑に落ちる考え方をしていくと、不安なんて「ない」ことに

思い至ります。おおきな「宇宙」の片隅の「私」は、誰でもない。

仕事でも、大きな視点というのは、一つに「鳥の目線」のような

空から俯瞰して見ることかと思います。実際には、「ない」視点で。

 自分も不安も、「ない」って思うと、自然と自由になります。

おぼろげでも、実感としては、確かに「ある」のです。

 自分が納得している生活、そこには「不安」はありません。

あっ!「自分」はないのだった。

Img_0899

Img_0900

お天気屋の毎日

GW明け、いいお天気で、気持ちも晴れです。

今日は、波高く風も吹き抜ける海でした。

 天気のように、気持ちも変わるのですが、

お天気屋でいいと思っています。上がったり

下がったり、時にひっくり返ったりする自由なココロ。

 転がり続ける石のように、あっちこっちぶつかりながら

次第に角も丸くなるのが、人のようです。

 山本カンサイさんが、熱く語っていました。

「夢を追いかけて、死んだひとはいない!」

なんでも、やってみるもんです。と励まされました。

Img_0896

Img_0897

五月晴れの始動

風の強い朝、湧き上がる雲と薫る風を感じて

気持ちのよい一日がスタートしました。

 一年の計は、元旦でなくても、始められるもの。

いいお天気に、心と体が動きやすいこの季節、

新たな考え方で始動するには、最高の日です。

Img_0889

Img_0890

Img_0891

Img_0894

GWの鎌倉

今日は立夏、旧暦4月1日、新月の日です。

昨日から、すこし蒸し暑く、風薫る五月とは

いかないようです。

 ここ鎌倉は、盆と正月が一緒に来たように

人であふれています。私たち住人は、車道に

はじき出され車とのはざまで右往左往。

昨日はとうとう夕方の犬散歩、断念しました。

 今朝、海に行けばゴミの山をカラスが散乱。

明日のビーチ・クリーンアップ大変そうです。

 世の中、ルールではなくて、マナーで行ければ

いいけれど、GWの鎌倉は、無法地帯になっちゃいました。

 お花屋さんのお兄さんと、「お疲れ様です。」と苦笑い。

普段の買い物も、大変で、仕事の方が楽でした。

Img_0883

にわか音楽スタジオ

海辺の町の鎌倉はすこし梅雨の間のような

お天気です。うるおいにあふれています。

 普段の建築スタジオに、ギターを置いて

友人のキッズのために、音楽スタジオを開きました。

ただ、アンプとエフェクターと音が表にでただけですが、

音を楽しむのが音楽なので、これでいいんです。

我が家はロフトに向けて天井が高く、壁はしっくい、床は杉板

なので、部屋中楽器のように鳴ってくれます。

 その分、音が響きますが、心地よさは格別です。

尊敬する建築家、吉村順三さんは言われていました。

「家のなかに楽器が一つあるだけで、そこには

なにか楽しい感じがする。」と。

楽しい器、家もその楽しい器のひとつなのでした。

よい黄金週間を。

Img_0873

Img_0876

ギターの日

憲法記念日ということですが、最近は憲法改正の話、

聞きません。ガソリン税や値上げのはなしが主役です。

 本来、日本人は心が豊かで細やかなはずだったのに、

時代は貧しく大雑把な方向に向かうのでしょうか?

 GWの第二弾、きょうは高校時代からの友人が

子供と一緒にきます。なんでもギターを弾けと。

エレキの音を聴きたい、教えてくれということなので、

へい、喜んで!弦を張り替えて、待っていようと思います。

 高校入学と同時に始めたギター、もう三十年経ちました。

次の子世代に教えるのも、不思議なはなしです。

クラプトンモデルを、CDのオマケのピックで弾いてます。

Img_0872

人の話を訊き技を教わる

連休第二弾前の金曜、雨降りでした。

すこし、スローダウンには丁度よいお湿りかと。

 設計というものを、なりわいとしていると、

相手のかたの、思いをよく聞くこと。

その点から出発することが多いです。

 経済とか社会の要求する条件のまえに、

ひとそれぞれの、考えていること、感じていること。

それを、ひとまずよく聞いて体の中、こころの中に

とりこんで、そこからスタートする。

 最近のビジネスでは、効率とか能力とか成果とか

いかにあげるかばかりのようですが、

そっちのほうには、行かないのです。

 職人さんたちの、無言の背中から教わりながら、

謙虚に仕事に向き合うことからしか、はじまらない。

と、まずは足元を確かめて歩き出す今日です。

Img_0860

Img_0854

Img_0863

八十八夜の朝散歩

立春から数えて88日目の今日、暑くなりそうです。

このままいくと、また猛暑でしょうか?

 遅霜に注意をうながすという意味があった

八十八夜。またほぼ日手帳から教えてもらいました。

季節ごと、毎日知らないことも知らないままに過ぎて

いきます。この週末はすこし身の回りのことを

すこしずつ見直していこうと思います。

 午後、現場に行って一汗かいてきます。

Img_0867

Img_0869

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31