« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

人を招く日

朝から眩しい朝日が降り注いでいます。

今日は、うちの犬をかわいがってくださっている

お姉さんをお招きして、一緒に食事をします。

 犬のほうは、一方的に恋心を抱いているようで、

いつも姿を見つけると、狂喜乱舞。舞い上がります。

 お客様として、我が家にはじめて来てくださるので、

犬がどういう反応をするか、とても楽しみです。

 明日からは、12月。11月の終わり、いい一日で

しめくくり、師走を迎えたいと思います。

Img_2490

Img_2492

雲のゆくえに

現場に週3、4日出るようになってほぼ三週間。

普段のデスクワークと違って、カラダのいろいろな

ところを使うようで、すこし筋肉痛です。トホホ。

 犬の散歩だけでは、どうやら運動不足の抜本的解決!

には程遠いのかな。養老先生は、現代人は食べすぎだ!

と言われていたっけ。控え目に生活していても、

週末の、おいしいお酒ぐらい楽しみたいので、

すこしずつ、軽めのランニングでもはじめてみるとします。

 出先や旅先で見上げる空は、なんで印象が違うのでしょう。

きっと、一回きりで二度とその場所には来ないとわかっているから。

そんな空を見上げに、今日も現場に行ってきまっす!よい、週末を

Img_2353

恵まれた雨

天気予報通りの雨降り、久しぶりに寝坊をさせてもらいました。

ここのところ、現場に出る日々が続いていて、犬の散歩を

6時前に済ましているので、いつの間にか、くたびれていました。

 疲れていると、自然と気持ちも下がるようになっているそうで、

やはり休息は大切です。これから、年末にかけて師も走る季節、

自分のペースで動きたいと思います。

 足元の犬たちの、変わらぬマイペースを見習って。

Img_2336

建築士の必要性

もうすぐ個人事業税の引き落としがあります。

弁護士さんと同じ税率のわりに、社会的に低い評価に

耐震偽装が追い討ちをかけ、一級建築士の必要性さえ?

なのに、税金は変わらずもっていかれます。

建築を考えることが好きで、商売にすると、

建築士事務所登録が必要で、そのためにとる資格という以外、

本当に必要なのかどうか疑問です。

 今の社会での、専門分化によって、別に資格なんてなくても、

デザインをすることは出来ると思います。かたちを考えれば、

その形を実現するため、技術者に依頼すれば、実現できるのが

日本の技術力なので。最終的に誰が責任をとるのか、取れるのか?

その気概を持つ人であれば、資格の維持?の講習会なんてのも

いらないような気がします。

 市井の人々を支える、黒子に徹して、ただ淡々と仕事をする。

そのために、本当にためになることなら、進んでうけますが。

 「お前が、人間だったら、手を借りるのに」犬の手じゃった。

Img_2379

11月の終わりに

季節は確実に冬、紅葉はまだですが、鼻の奥がツーーンとする

冷たい空気がやってきました。

 11月の最終週の真ん中、明日からまた外仕事。

家の周りをレレレ掃き、ひとつひとつ目の前の仕事を

淡々と口笛を吹きながらこなしていく今日です。

 昨夜ケーブルTVでみた「ブレードランナー」の印象、

そのままの明け方、道路の維持管理をするブラシの付いた

クルマの黄色いテールランプと警告灯のひかり。

まるで映画のように見えていました。

 週末に迎える方のために、気分よく片付けていきます。

Img_2309

今日も留守番当番

連休明け、休みの間も仕事をしていたトーサンは

現場に出かけました。わたしは今日も留守を守ります。

Img_2376

ふと横になると暖かい陽射しが。

Img_2377

Img_2380

いつのまにか、おやすみなさい。留守はこうして守ります。

「いちごの日々」より

紅葉待ちのまち

冬の雲がひろがっています。紅葉にはまだちょっと早い鎌倉。

昨日はまるで初詣のような人波でした。

裏道から裏道へ、路地から路地へ、散歩も人ごみをさけて。

足元の犬は、いつもと違う通り道に大興奮。右往左往のはげしいこと。

 連休も、鎌倉に住んでいると、のんびりそぞろ歩きとはなかなか行きませぬ。

こういうときは、おうちでゴロゴロがよいようです。

Img_2395

Img_2398

Img_2400

勤労する休日

昨晩は店じまいのお店を訪ね、その足で飯田橋の「島」へ。

ミミガーと沖縄そばで〆ました。おいしかったです。

 出先で、友人から連絡の入った仕事を今日は片付けて、

午後は紅葉を見に、散歩にでかけようと思います。

鎌倉は今日も混んでいると思いますが、裏道の路地を

犬とそぞろ歩きして、ゆっくりしてこようと。

 今の世の中、仕事が途切れず、人からの依頼があることに、

自営業の個人事業者は、ひたすら感謝する日です。

Img_2387

Img_2391

お店にさよなら

今朝は、三日月と☆がきれいでした。風は冷たいです。

今日は、現場に出て、夜は神楽坂へ。

今月いっぱいで閉じるお店を訪ねます。

社会に出る以前からある、そのお店。

あれからずい分と変わりました。

珍しい、ボジョレーの白を抱えて、

お別れをいいに行ってきます。

Img_2381

恵みの季節ワイン

仕事で疲れた体を、家に持ち帰り

今年のワインと、ご対面ーーーーん!(剣道のキャリア有)

 今年の葡萄の収穫は、少なかったそうですが、

そのなかで、9月に雨がなかったことが良かったと聞きました。

作り方の違う、ボジョレーも、ありのままを活かすのが基本です。

 自然の恵みを、無駄にしないことこそ、知恵と呼べるのでしょう。

男は黙って酒呑みなさい。ハイ。

Img_2385

お酒の肴のネーミング

降り積もる雪のニュースを見ながら現場へ出ます。

三週ほど続けておんもに出る頃に寒さもやってきました。

前に続けて現場に出ていたときには、セミが鳴き、

のどごしのよい、冷たいお蕎麦を食べていた夏。

わずか数ヶ月前の、夏の陽が夢のように遠く思えます。

 さて、ワインの新酒が届く日。に備えて

素敵な本を買いました。呑ん兵衛には、テーブルの上の

夢の風景が広がっていく本でした。

秀逸なタイトルとともに、一家に二冊、おすすめです。

Img_2360

澄み渡る冬の朝に

冬の訪れが冷え込みとともにやってきました。

初雪の便りがあちこちから届く今日です。

すこし遅く出た散歩、海の向こうには大島や伊豆がくっきり。

今週末は、紅葉も見ごろを迎えることでしょう。

 明日は、ボジョレーの解禁ですし、週末には

東京まで飲みに出かける予定。お酒で暖まる季節の到来でもあります。

 ふと、訪れた平日のお休み。落ち葉の掃除をして、

午後からはゆったりと、本を読んで過ごそうと思います。

Img_2372

期待にそうための準備

もうすぐ冬将軍がやってくるようで、ダウンジャケットを出しました。

今週から現場ウイークが始まって、しばらくお外に出かけるので。

 犬はいつも待っています。散歩から帰ると、また次の散歩に備えて

待っています。「さっき行ったろ?」「・・・?」期待が両目にキラキラ

 期待がなんであれ、人であれ犬であれ、答えるためには、準備がいります。

時間もかかるし。そのために、時間を味方にしておく。

常日頃のたくさんの準備が、次へのステップにつながることでしょう。

千里の道も、一歩から。犬散歩も大げさに。

Img_2359

夜明け前から

冬になると、八幡様の太鼓の音、鳴らす時間が朝六時になります。

夏は五時なので、今の季節、まだ暗いうちに勘で起きることに。

仕事前の朝飯前に、犬散歩を済ましておきたいので、暗がりの中

出かけながら、今朝「今週はボジョレーだな」

 夜明け前から、飲むはなしかよ、と自笑しつつ、

そういうことも、モチベーションのひとつだから、いいのではないか。

 どんな些細なことも、プラスにしとけば、悲しみにも負けずに

明るくいけると思ってます。明けない夜はないので。

Img_2358

ココロに栄養補給

昨夜は焼肉となかよくしていまして、今朝は

寝坊していました。雨降りのすっきりしない空ですが、

アタマはクリアです。ウェザーニュースでは、降ったり止んだり

の予報。はっきりしない天気の今日、こういう日は行き当たりばったり、

なにも決めずにのんびり過ごすことにします。

 いつもと違う場所で、みんなで食事をすると、おいしい時間を過ごすことが

出来ます。週末のすこし疲れたココロとカラダに、しみていくような。

 口にするもので、つくられるわたしたちのカラダ。ココロもおなじように、

豊かになるように、ささやかな食卓を囲む時間を大切に、雨の日曜日を

スローに過ごします。

Img_2356

月のようなひと 雲のような心

今日も現場に出ていきます。雨さえなければオッケーです。

 外にでると、違う場所で、生まれてはじめて、そこにいること

に気づきます。もう二度とその場所に同じ時間にいることはない。

当たり前ですが、一回こっきりの、その時間のありがたさ。

 思う相手といる時間も、いつもそう思っていられたら、

世の中もうすこし温かな世界になりそうです。

 来月の今頃は、忘年会の只中。月のような女性と、

流れる雲のようなココロをもって逢おうと思います。

Img_2352

Img_2353

おとうは元気に留守

今日、うちのとうさんは「現場」というところに出かけました。

いつもお疲れ様です。げんきでげんばに行ってください。

ドックフード代をかせいできてくださいな。

わたしはこうして、るすをあずかっていますから、どうぞ

あんしんしていってらっしゃいませ。

もうすぐ夢のなかで「おかえり」をいいますから。

Img_2348

久々のグッドウェザー

ちょっとばかり気が抜けて、久々に寝坊しました。

いつもの暗い明け方とは違う、まばゆいばかりの陽射し。

昨日までのどんよりした低い空はどこかに消え去っていました。

 天晴れなお日和で、海に向かうと伊豆まできれいに見えて

いい波がたっています。風はすこし冷たくて、くしゃみ連発でした。

 そろそろ、年末に向けて、準備をする時期です。

知り合いにたのむ年賀状の枚数だとか、仕事のスケジュールを

いつまでにするかとか、先にやっとくと、暮れにのんびりする時間を

もてるので、早めに動くことにします。

 秋の紅葉も、これから、いい感じになる週末へ。すこしゆっくりと

向かいます。

Img_2346

Img_2345

Img_2342

2011年の11月へ

今日は大切なお客様がいらっしゃるので、昨日から大掃除。

いつもなら、暮れも押し迫ってからやることの数々を、超前倒し。

居間の窓も全開にして、あちこちを拭き掃除。今朝は筋肉痛。

 めったに全開しない窓、足元の犬も不思議そうに眺めています。

年に数回でも、窓を開け放って外の空気を呼び込む新鮮さ。

住まいの窓、アルミサッシにはない、融通性が木の建具には

ありました。温かみもあるし、手入れをする甲斐もあります。

 生き物を飼ったりすると、世話をする手間がかかりはしますが、

住まいもすこしぐらい手間がかかるほうが、愛着もわきます。

 時間をともにする、やわらかく暖かい住まい、これからの季節

本領を発揮します。

 昨日、11月11日が過ぎました。三年後の2011年11月11日に

向けて一歩一歩、居心地のよい住まいをつくる自分を、

たかめていきたいと思います。

Img_2337

Img_2338

冬の入り口ポジション

陽射しが隠れる数日、冬の気配が濃くなってきました。

外に出るにも、ふとんからでるのも「億劫」という字が

浮かびます。ついつい肩が上がり縮こまって、肩こり。

動き始めてしまえば、なんということはないのですが、

やる気と同じで、やらないと出ない集中力。手玉にとる

のはいつの日か。きっかけを探します。

 犬の居場所が、冬のおとずれを告げました。

床暖房の吹出し口の上にねそべり、朝ごはんを待つ。

自然体そのもの。季節を行動で体現する、動物を

見習って、グッドスピード、グッドポジションを見つけます。

Img_2336

闘い終えて平常のココロ

夜半の雨上がり、夜明け前に犬と散歩を済ましてきました。

海からの帰り道は、北に向かって帰るので、北風が冷たい。

今年は、冬らしい寒さになりそうです。

 日本シリーズも終わって、今日から平常?営業となります。

ピッチャーが攻める、攻撃の仕方があるのだなと思ったシリーズでした。

一つの白球を手に、投げ込む単純さの中の、闘うライオンハート。

 高いレベルの闘い、よくいう気持ちの強い方が勝つ、というのは

当てはまるようです。勝敗は時の運だけではないようで。

 これから、年末にむけて、静かな日々を淡々といこうと思います。

勝負の世界を、満喫したことですし。

Img_2061

頼られる頼まれるポジション

おかげさまの商売繁盛で、休日返上します。

仕事は人気者に頼め。忙しいひとに頼め。

頼りになるやつは、自然に頼まれるやつになると思っています。

 頑張るのは、頑固に意地張り。忙しいのは心を亡くす。

がんばるといそがしい、はなるたけ口にしないようにしていますが、

このふたつを言わないでいる、というのは難しいものです。

それだけ、日本人が日々、口にしている言葉なのでしょう。

 これから、年末にむけて、なにかと忙しい、気ぜわしいと

いう人が増えるなか、マイペースで、悠々と急ぐ頼られるやつで

ありたいと思います。

Img_2329

寒空の現場

晩秋から冬への入り口が見えてきました。

秋の花粉か、風邪なのか、天気と同じで

すっきりしません。が、現場に出て今日も

はりきっていきまっす!

 気力さえ充実していれば、大抵のことは

解決するものです。単純といわれても、

ポジティブ・シンキング。複雑に見えることも、

ひとつひとつ見ていくと、同じ原因だったり、

なにか糸口は見つかるものだと思います。

 大学時代の友人から、結婚の話が飛んできました。

そういうサプライズも、日々の糧にして、

鼻づまりもすっ飛ばしていきます。よい、週末を。

Img_2335

迎える季節

立冬の今日、そぼ降る雨に、散歩もお休みです。

そろそろ寒さも本格的になってくる予報がでていました。

 来年の手帳を!とほぼ日が気になる季節になりました。

今年はどのカバーにしようか、とゆっくり考えたい週末に。

 迎える季節に送る季節、この頃の紅葉は12月が見ごろなので

すこしずつ冬もおそくなっているようです。

鎌倉では、落ち葉がこれから最盛期を迎えます。

掃き掃除をする、レレレのおじさんに変身をする、季節の到来でした。

Img_2334

よいサイクルで

ここ数日、引き潮の朝です。冷たい海風に佇むと

ちいさなこと、ささいなこと、飛んでいってしまいます。

 毎日、同じようなことをしていても、

すこしずつ変わっていくもの。引き潮と同じで、

気持ちも引いているときもあるし、不思議と体が

前のめりになるほど、集中していることもあります。

 月の満ち欠けと同じように、心にも体にも、

自然に廻るサイクルがある。ならば、そのサイクルに

上手に寄り添って、波に乗ってけ、と。

 いまだ見ぬ人々と、知り合って、どんどん目から

ウロコを落としていこうと思ってます。

Img_2333

Img_2327

いうことの無い日

ご飯を頂きました。満腹で夢ごこち。

毎日、なにも文句はありません。

おやすみください。いってらっしゃいませ。

寝て留守番しています。

Img_2063

中身は外見を表す

今年も残すところ二ヶ月、次の三連休目指して進む晩秋です。

 デザインの仕事は条件をかたちにするわけですが、

その中身は様々です。家を設計するときには、建て主の要望が

かたちになります。つまり、建てる人の、人となりが表に現れる。

設計者は、冷静に第三者として、要望を、夢を、かたちにする。

 ひとりひとり、考え方や外見が違って、その個性の違いがあるから

世の中、おもしろい。その違いをすべて肯定した上で、日本人なら

日本の家をつくる。そこには、ある普遍性が自然と現れると思います。

 居心地や住み心地、には共通の部分があると考え、

いつもそこのところを追求していけば、その場所、そこに住むひとの人となり、

おのずと立ち現れるものと信じて、今日も進んでいきます。

Img_2258

ねじを緩めた日

遅い朝の犬散歩を済ませ、遅い朝食。

休日の感覚を味わうのは、やはり三連休の

三日目ぐらいになってからがちょうどいいようです。

ふだん、やはり肩肘はって暮らしているような気がして、

毎月は無理でも、二、三ヶ月にいっぺんぐらい、

なーーんにもしない一日が必要ですな。

 尊敬する建築家のひとり、亡くなられた西澤文隆さんが

「生活すべてが、建築につながる」だから「よく生きること」

がよい建築につながる。旨のことを仰っていました。

 建築に限らず、あらゆる仕事には、そういう一面があると

思います。自分にあった仕事なんてなくて、人が必要とするから

その仕事がある。その仕事そのものから与えられるのが、

わたしたちの役割。休日に考える、日々の役目もいいもんです。

Img_2324

Img_2325

待つ季節に

三連休の真ん中、ハロウィーン明けのショーウィンドウ、

中はクリスマスです。たくさんのイベントを、待ちわびる季節の訪れ。

 思えば、ひとは待つことが出来るものです。心待ちにすることで、

日々のエネルギーを得られたり、励みになる。

たくさん、そういう「待てる」マテリアルを引き出しに持っていると、

楽しい日々になっていきます。待ち人来るのは、平凡な毎日でも

前を向いて歩いているひとのところ、こころに。

 木枯らし一号が連れてきた冬のはじまり。

待つシーズンの到来です。うつくしい風景もありました。

Img_2323

Img_2315

ダークナイトとハッピーナイト

仕事の〆切前に、遅まきながら映画「ダークナイト」をやっとこさ見てきました。

期待通りのおもしろさでした。「暗黒の騎士」の敵役、ジョーカー役のヒース・レジャーさん

遺作となってしまったのですが、演技とは思えない、乗り移ったようなジョーカー

でした。常人の考えに、あてはまらない「悪」が描かれています。

 どうしたらそんなひどいことが出来るのか、という疑問をもつような

犯罪が、毎日のニュースの中にもある今の世の中。話し合いとか、

なにも「通じない」世界にある「悪」。私たちには、なにも出来ないようです。

 そんな重たいテーマですが、全編ながれる緊張感と、原作コミックの

エンターテイメント。そのバランスをとって、ひとつの娯楽作品を作り上げた

クリストファー・ノーラン監督の手腕。これからも、注目しています。

 その夜、カフェ「bowls」で記念日の乾杯をしました。

こちらは、dark knightではないhappy nightでした。

Img_2305

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31