« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

大晦日の鎌倉にて

すこし遅くに、今年最後の朝散歩をしてきました。

今日の波はすこし高くて、ウインターサーファーが多め。

空気が澄んで、伊豆も大島もくっきりと、雲と一緒に浮かんでいます。

 今年も、ほぼ穏やかに、楽しく過ごすことが出来ました。

来年も、身の丈に合った、仕事を誠意いっぱいしていこうと思います。

良い、年末年始でありますように。2009年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Img_2616

穏やかな年の瀬に

今年も暮れようとしている30日の朝。すこし寝坊をして、

いつものように散歩に出ました。

初詣の準備が着々と進む八幡宮。恒例のオーロラビジョンの

セッティングも終わりました。ライブの音響で有名なヒビノ音響さんの仕事。

Img_2612

出店の人たちもそろそろ準備を始めていました。

 ゆっくりと犬と歩きながら、ご近所さんと挨拶しながら、海へ。

今朝は穏やかな海でした。鳩さんたちはひなたぼっこを。

Img_2614

Img_2613

来年も、穏やかな幕開けとなりますように。今年に感謝して。

面倒みるひと、かけるひと

冬休みにはいって、疲れた感じがするのは、

慣れない家事をしたからのようです。

仕事はいい意味の慣れがあって、疲れはしないのに、

買い物や、ご飯の支度は「慣れ」てないのでくたびれるようです。

 犬のほうは、いたってマイペースに、散歩やご飯を要求します。

まるでそれが使命であるかのように。

もうすぐ、お正月だから、お風呂にもいれてあげた、オトーサンは偉いね。

誰も言ってはくれないので、自分で言ってます。

 一つ発見しました。自分でこしらえる鍋は美味しい。のと、労働の後の、

ビールは水のように、カラダにしみていきます。これも慣れないことへの

「ご褒美」自営業者にとっての「ボーナス」?のように感じました。また、明日。

Img_2601

よい天気が続くのも、幸せの一つです。

Img_2606

ほぼ日手帳の引継ぎ

昨日、ほぼ日手帳を来年のに切り替えました。

新月、旧暦12月1日でしたし、冬休みに入ったし、

ちょうどいい感じで。ただの気分ですが、手帳を

新しくすると、ようやく新年を迎える準備が始まったような、

そんな感じが毎年します。

 ほぼ日手帳の右側には、自分に対する標語?教訓、宣言

など、思いつきで書いています。ひとというのは面白いもので、

けっこう気持ちにも波があるようで、たくさん書いている週や、

ほぼなにも書いていない週が繰り返されています。

 アンテナをピンと張っている日、ただボーっと過ごす日、

その中間の日、いろいろな心持があるようです。

 来年は、もうすこしゆとりをもって、より気づくことの多い一年に

したいと願って。

 家人が風邪をひき、主夫業をする、冬休みのスタートとなりました。

Img_2598

Img_2594

今年ラストの土曜日の過ごし方

今朝は今年最後の土曜日にふさわしい?冷え込みでした。

初詣を迎える準備が、着々と進む八幡宮。弁天池には

氷がはっていました。こんなツーンとする寒さは久しぶりです。

Img_2590

 毛皮を着たうちの犬は、うれしそうに先へ先へ。

仕方がないので、すこし小走りに欽ちゃん走り

あっという間に、由比ガ浜到着。真冬のサーファーたちの向こうには

きれいな伊豆と大島が浮かんでいました。

 今日は、なにも決めず、いきあたりばったり出たとこ勝負もしない

のんびりした休日を過ごします。もちろん、と一緒に。

Img_2593

砂つぶてのクリスマス

午前中に、今年の仕事を打ち上げて、仕事納めとなりました。

自営業なので、なにも納会などはありません。が、

書類を郵便局へ出しにいくついでに、犬と一緒に出かけました。

暖かく、明るい陽射しのなか、久しぶりに開放的な気分になりました。

世の中を、すべて肯定できてしまうような、ひとりと一匹の幸せな時間。

 海へ近づくにつれて、風がとても強くなって、砂つぶての中、

後ろ向きに歩いて、由比ガ浜に到着。

 風当たりが強いのは、どこへいっても、同じようで、

こういう年の瀬に、暖かい住まいと食に職があることの、

あまりに当たり前な幸せに感謝する、クリスマスでした。

 一年の、ココロとカラダの休養を、ありがたくいただく冬休みに

したいと思います。お疲れ様でした。

Img_2587

めりくりの三日月

昨夜はおいしい料理とお酒に、浸りました。

お手製のローストチキンといただいた赤ワイン。

抜群の相性でした。多分クリスマスの今夜も、お世話になります。

イブの朝、鎌倉の海は、きれいな朝焼けを見せてくれました。

細い三日月を眺めながら、気持ちのよいホリデーシーズンの幕開けです。

いつもと変わらない、穏やかな年の瀬でありますように。

メリークリスマス!

Img_2584

Img_2585

穏やかな夜に

今年も、この日がやってきました。すこしは敬虔な気持ちで、

穏やかな夜になりますように。よい、一日を。

2008_christmas2

今年のグリーティング・カードは納屋をモチーフにつくりました。

すること多い祝日

二日ほど家を空けると、庭には落ち葉の山が積もっています。

Img_2582

昨日から、お待ちかねの犬散歩をして、海へたどりつくと

砂つぶての強い風と白波でした。

Img_2575

仕事の前にいろいろ、面倒をみたり、雑事をしている間に、

お昼になってしまいました。のんびりする仕事のはずが、

結構ハイペース。すこし呼吸が浅くなって、おもわず何度か

深呼吸をしながら夜更かし、すぐバタンキューの昨日。

一転、今日は午前中すこしスローダウンして仕事すます。

Img_2580

二匹の奴らは、散歩と食事を終えて、これから寝にはいります。

Img_2581

まことにお気楽な年末でした。

冬旅の休日

久しぶりの旅でした。友人の結婚式に出るために、

長野の東御市へ。軽井沢をすぎ、新幹線のあさまの

車窓からは、雪をいただいた浅間山がきれいでした。

Img_2550

信州の鎌倉、上田駅からしなの鉄道で田中駅までいき、

とことこ歩いて式場へ。そこには、大学時代の連中の

ひさしぶりの笑顔がありました。

Img_2546

古い友人というものは、会った瞬間にはたちの頃に戻れる

存在です。だいぶアタマの上のほうが、あやしくなった奴もいますが、

あの頃と変わらない輪が出来てます。

街中で、たくさんの方々と二次会、宿に場を移して三次会。

クリスマスと忘年会と同窓会とご近所の宴会が合わさった

とても楽しい夜でした。

Img_2559

Img_2560

友人が町の複合施設に宿をとってくれていました。

建築家の伊東豊雄さんの設計だそうです。ゆるやかな弧を描く

建物の向こうには上田の街並みと山々がひろがっていました。

宿泊棟は大きな民家を改築した別棟で、囲炉裏端もあります。

 翌朝、二日酔いとともに目覚め、おいしいリンゴジュースで

しゃっきり。別所温泉をめぐって、上田のお蕎麦屋さんへ。

長野のお蕎麦は、やっぱり美味しい。野菜のてんぷらやリンゴ

のデザート、お土産は名物くるみのお菓子、友情とお酒と美味しいもの

に囲まれた、冬の季節のおくりものを受け取った休日でした。

Img_2561

Img_2564

主人の留守をあずかるものたち

ご主人様は、信州の鎌倉、上田にお出掛けしました。

わたしたちが、その留守をしっかり守るよう、

おおせつかりました。

 とはいっても、いつもと同じように、ご飯をいただき、

夢心地に一日を過ごすことが役目なのです。

 冬至という日だそうで、いいにおいのするものと

いっしょにお風呂にはいるそうです。

犬は、ダメだって。食べられなければ、結構です。こっちも。

 お帰りをお待ち申し上げております。

                             犬一同

Img_2535

Img_2539

夕焼けのご褒美

今日から二日、家を空けるので、昨日は夕方も犬散歩。

沈む夕日を眺めつつ、由比ガ浜に到着です。

夕陽はすでに雲の後ろに姿を隠して、

光りのシルエットになっていました。

 いつもの夕刻は、近所の散歩で済ましているので、

この素晴しい時刻は、なかなかゆっくりと過ごすことが出来ません。

がんばったご褒美に、夕陽をもらいました。

今日は、天気が良く、暖かになりそうでなによりです。

お天道様は、見てくれているようで、ありがたいこと。

 久しぶりの旅と再会に出かけてきます。

Img_2541_2 

発つ鳥になれるか

今日は、すこし冷たい北風が一緒のようです。

冬晴れの一日、いろいろとこなすことが大有りです。

 健康診断、掃除、クリスマスカード、仕事、旅支度

重ねて、こういうのを師走というのでしょう。

 飛び立つ鳥のように、あとを濁さず、うるわしく

出発できますように。よろしくです。

Img_2350

366日も残すところ二週間

週末の長野行きを控え、現場に出て、

クリスマスカードを書き、デスクワークをし、

落ち葉を掃き集めてレレレ化する今日です。

加えて明日は、メタボ世代の特定健康診査。

健康診断ではなく、健康診査といわれると、

審査をされて、不合格となるイメージが重なります。

いつもより、水分補給をかかさず、より体を動かして、

直前の悪あがきをして、明日に備えたいと思います。

そな大げさな!ことではないし、まあお気楽に。

 残すところの、14日間。平穏で楽しくありますように。

Img_2530

輝く季節の心持

現場帰りに、銀座まで出かけてきました。

イルミネーションのなか、大勢の人出。

みなさん、足早に、どこか楽しげに。

週末の持参品を選び、その足で伊東屋さんの

九階まで、階段で上がっていき、オキーフの

カレンダーを買いました。ふーっ!

たまに、都会?に出ると疲れるものです。

勤め人だった頃は、毎日そのひとごみの中で、

何も考えずに働いていたもんです。

なにか大切なものに気づかず、すり減らしていた季節。

今の時間の使い方とは、違う時間にいた時期です。

 吉田美奈子さんの「12月のイルミネーション」を

聴きながら、今年の輝く季節、楽しく過ごします。

Img_2527

Img_2529

期待に応えられるひと

「派遣切り」ということば、ここ数週でことさら聞こえるように思います。

昨晩のNHKスペシャルで、派遣労働者側の方が言われていました。

 「今年は年末年始の休みが長い。仕事もなく、住むところもなく、

駆け込む役所も休んでいる。その間、どうすればいいのか?

すぐ目の前の問題です。」と。

 午後、つかの間の息抜きをし、ささやかな買い物をユニクロでして

家に帰ってきました。ビールなど飲みながら、その番組を見ている自分。

 つくづく、恵まれていることに感謝します。個人の自営業で、

人から頼まれる仕事があり、新たな年を迎える希望がもてる。

他になにを望むことがありましょう。

 健康な体と素直な心を忘れずに、ひとの期待に応えられますように。

「暮らしは下を見て、仕事は上を見てしろ」尊敬する方の言葉です。

Img_2516

まとめる一週間に

不思議と日曜日の仕事ははかどります。

いい意味で肩の力が抜けて、出来るとこまで

やろうという姿勢がいいようです。

おかげで、今日の午後は一息つけそうです。

週末は遠出、金曜日までの集中週間。

思えば今年は鎌倉の紅葉も廻りの山しか見ていません。

妙法寺さんの山門前、大きな紅葉、もう葉を落としていました。

また、来年に。

 今日から、年賀状も受付だそうで、なにかと公私ともども

まとめて打ち上げる一週間、元気に過ごします。

Img_2524

Img_2525

恵みの雨降り

冬の雨、久しぶりの寝坊を与えてくれました。

犬は散歩にいけず、目をつりあげて、不満そうな顔。

ですが、たまにはいいじゃん。ゆるせ。

 今年も、残すところほぼ二週間となりました。

充実した一年であったと思います。

一人でどこまで行けるか?は生涯のテーマですが、

もちろんひとりだけでは、なにも出来る訳はないので、

多くの人の輪と和のなかで、自分のベストを更新したいと思います。

 与えられた場所で、どこまでいけるか。

来年も、よい季節を過ごせますように。よい、年末を。

Img_2521

今日も元気にお見送り

 今日、うちのおとうは、ふじやまさんというところに

仕事によばれて、出かけていきました。

なんでも、雪化粧してきれいなんだそうです。

さむいとこだとも言っていました。

わたしのほうは、こうしてぬくぬくと

留守をあずかっています。帰ったらあそぼ。

Img_2347

商売繁盛の秘訣

今日も、おかげさまで仕事をします。

犬の散歩は、夕方までお預けにして。

 自営業の設計屋として、心がけしていること。

そのひとつに、頼まれたことは「断らない」こと。

設計という商売は、サービス業なのです。

建物をデザインすることとは、予算の使い方から

時間に耐え、環境に資する、人を支える、

たくさんの方向に「サービス」をすること。

「価値」をつけるサービスを。

 人が持ってきてくれる仕事は、断らない。

そのための、余裕を生み出す「準備」だけは、

怠らないよう、心がけています。

 12月12日、イッチニイッチニのリズムで

今日もノッテキマス。

Img_2507

街角のオプティミスト

今朝も暖かな幕開けです。肩の力が抜けてよい感じではじまりました。

 楽天的な心配性という自己分析で、一見矛盾があるように思いますが、

心配するというのは、こころくばりととらえています。

イチロー選手のいう「準備」というのに近いかもしれません。

何かが必要になる「その時」というのは、いつくるかはわかりません。

が、来てからではまさに「遅い」。日常のこまごまとした用でも、

敏感に、ふと思いついた時の「時」の積み重ねで成り立っていると

思っています。イチローさんの目指すレベルとはまったく違うけれども、

等身大の大きさで「準備」をする、心がけで暮らしていきます。

Img_2514

クローズしないココロ

昨夜の雨のおかげで、すこし暖かな空気が運ばれてきました。

早朝の、肩のあがりかたが緩和されて、体がラクです。

寒いと縮こまって、肩が上がってそれだけでもう肩こりですから。

 いらない力が、肩とか首にはいっているというのは、

凝り固まったココロのようなものでしょうか?

血流が滞っている状態は、閉じている心の状態と同じなのかも。

 お店のクローズのリース、パンで出来ています。

オープンなココロで、撮りました。

Img_2513

シュールな光り

まだ明けやらぬ朝、暗いうちに出て暗いうちに戻る犬散歩。

そこここに、青赤緑といったクリスマスのあかりが点滅しています。

今年も、そろそろクリスマスカードを出す時期になりました。

日曜日にデザインをおこして、今週末に印刷して送ります。

またひとつ、気に入ったデザインが出来ました。

クリスマスウィークに、ブログに上げようと思います。お楽しみに。

通りがかった街角のクリスマスツリーをパチリ。

デジカメも微調整していないので、ピンボケですが、

それがかえってシュールに見えたりします。

いい年末が迎えられますように。数々の光りに、感謝して。

Img_2510

Img_2512

行くでー!の12日間

大寒を過ぎ、寒さも冬らしくなってきました。

今年、366日/343日目の今日から、

12日間は、仕事人としてフル回転をします。

 20日に長野へ行くので、それまでに、あらかた

仕事めどをつけて、すっきりしておきたいので。

 いつもの年より、一日多い今年。

その一日になにを考えるのか?と前に書きました。

長野で迎える冬至を、その考える特別な日にしたいと

思って、この二週間を走り抜けます。

 経営もランニングと言うことですし。

Img_2503

理想の休日の過ごし方

冷え込みとともに、空気が澄み渡り、大島は蜃気楼に浮かびあがる。

そんな朝を迎えました。日向にいないと寒いです。

鎌倉の紅葉は木々によって違って、早いものは葉を落とし、

ゆっくりペースのはこれからと、まだら模様で年末進行中。

 さて、その年末にむけて、なにかとやることがある中、

あえてゆっくりする理想のプランで過ごすのもありです。

 仕事の山々は、いずれ片付く予定調和ととらえて、

身の周りのこまごまとしたものから、来年のほぼ日手帳の

オーダーとか、時計をまったく気にしない日曜日。

 夕方、日が落ちるまで、でたとこ勝負の、勝負しない

過ごし方をしてみましょう。

Img_2502

Img_2506

無口なおつかれ

今日で外仕事も一段落。ほっとする休日になりそうです。

もともと、進んでしゃべるほうではないので、

疲れるとだんまりします。

 お酒が入ったり、営業トークをしなければならない時は、

リミッターがはずれたり、無理にでも、なくしたりするので、

言葉が独り歩きをして、墓穴をほったりします。

 言った、ことばというのは、消すことが出来ません。

その人の口にする言葉で、その人が表れてしまうもの。

コトバの垂れ流しのような、TV番組は、大切な言葉から

しっぺ返しをもらうかも。かくいう私とて、ないがしろにしているから、

自分に返ってくるのでしょう。

 言葉については、日々、なんでもない日に、ふと考えるにふさわしい

大事なことがたくさんたくさんあるようです。まずは、つかの間の休息を。

Img_2317

懐かしい匂いの記憶

現場へ出て3日目を迎えました。

のどの痛みとは、徐々にサヨナラしつつあります。

普段とは違う体感のはずですが、時に感覚が

鋭くなるところもあるようです。

 昨日、仕事でお邪魔をした、年配のご夫婦のお宅。

他界した祖母の家と同じ匂いがしました。

 お香の匂いにも似た、その香り。少年の頃、

祖母の家の縁側で食べた、夏のスイカやサイダーの味まで、

ありありと思い出すことが出来ました。

 匂いの感覚は、記憶と結びつきが強いというのは、

私の場合、当てはまるようです。はじめていったニューヨークで、

ガイドのアメリカ人女性のつけていた、香水のかおり。

 東京の街中で、何年かに一度、その香りに出会うことがあります。

すれ違うと、一気に当時のソーホーにあった、キース・ヘリングの

グッズショップの、金網ごしの買い物など、またありありと思い出します。

 週末は、すこし鍋物の匂いと親しんで、来週からは元の気になります。

Img_2499

Img_2500

睡眠と休息求む

風邪引きのまま、現場を動き回り、帰ってバタンキュー。

ここ2、3日はこのパターンで行きます。

日中、動いている間は、天気もよく、

活発にしていましたが、日没とともに

あすの雨予報をうけて、今日も早寝します。

犬の散歩が気にかかりますが、ごめんして。

元気だけは、しっかりあるから、行ってきます!

Img_2067

夢みる頃は過ぎない

風邪ひきの、廻らないアタマで、仕事をこなしていると、

ふと懐かしい昔のことなど、思い出すみたいです。

 学校からの帰り道、ガールフレンドと言葉少なに、

でもあったかい気持ちで、一緒に歩いていた冬や、

夏の花火を見上げていた日のこと。

 誰でも、忘れない場面はもっているけれど、

その時の、新鮮な気持ちまで、持ち続けているひとは少ない。

 思い返すと、夢のような、過ぎ去った日々。

決して戻れないその場所に、確かに残してきた気持ちの

ありかだけは、忘れずに。夢をこれからも見ていきたいものです。

Img_2183

風邪っぴきの仕事人

やはりすこしばかりオーバーワークだったのか、

扁桃腺がはれてしまいました。

雨降りをこれ幸いとゆっくり起きましたが、

集中力は下がっていく一日になりそうです。

 風邪をひく前は、やはりいつもと違うミスや

人当たりが出て、予感のようなものがありますが、

自分で決めた締め切りまでは、風邪の症状が出ないのは、

不思議ですね。病は気から、を実感します。

 明日からまた現場に出る一週間。元気は元の気。

違う気でも、涸れてしまうわけではないので、

すこしスローダウンして、乗り切りたいと思います。

「お大事に」する師走のはじまりでした。

Img_2491

Img_2497

今日から走る、月間

昨日の海は、いい波が立っていました。11月の終わりを飾る

暖かな陽射しと冷たい風のなか、犬もはしゃいでいます。

 犬はその日の午後、愛しのお姉さんにたくさん撫でてもらい、

夢心地の時間を過ごしました。夢を見ているような、穏やかな顔で。

 人のほうは、今日から師走。後半の、イベント目白押し週間に向けて、

今日からトップギアで駆け抜けるおじさん化します。

その気になると、物事はうまく廻っていってくれるものなので、

いい1ヶ月にします。きっと。&たぶん。

Img_2496

Img_2498

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31