« 睡眠と休息求む | トップページ | 無口なおつかれ »

懐かしい匂いの記憶

現場へ出て3日目を迎えました。

のどの痛みとは、徐々にサヨナラしつつあります。

普段とは違う体感のはずですが、時に感覚が

鋭くなるところもあるようです。

 昨日、仕事でお邪魔をした、年配のご夫婦のお宅。

他界した祖母の家と同じ匂いがしました。

 お香の匂いにも似た、その香り。少年の頃、

祖母の家の縁側で食べた、夏のスイカやサイダーの味まで、

ありありと思い出すことが出来ました。

 匂いの感覚は、記憶と結びつきが強いというのは、

私の場合、当てはまるようです。はじめていったニューヨークで、

ガイドのアメリカ人女性のつけていた、香水のかおり。

 東京の街中で、何年かに一度、その香りに出会うことがあります。

すれ違うと、一気に当時のソーホーにあった、キース・ヘリングの

グッズショップの、金網ごしの買い物など、またありありと思い出します。

 週末は、すこし鍋物の匂いと親しんで、来週からは元の気になります。

Img_2499

Img_2500

« 睡眠と休息求む | トップページ | 無口なおつかれ »

こころの季節」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい匂いの記憶:

« 睡眠と休息求む | トップページ | 無口なおつかれ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31