« イタリアの風景6 | トップページ | 歩いては 犬に教えられ »

望むひと 望まれるひと

今日は、雨も上がりいよいよ10月のはじまりです。大きな地震が立て続けに起きて

いますが、こういう時、心配をしてもしょうがないので、一日一日を充実して過ごすとします。

Img_4806

 火山が多く、地震などの災害が古来から続く日本では、「なる」という言葉が多いそうです。

成せばなる。なるようになる。うつむいていても、同じように朝が来て、あっという間に一日は

過ぎていきます。ならば、こうなりたいと思い描く姿、望む姿にすこしずつでも向かうのが、

自然であろうと考えます。望む姿というのは、いつの間にか、なるもののようです。

 ひとから、望まれるひとというのは、先に自分の望む姿に向かう姿勢を持っているように。

なす術が無いように思えても、動き出せば、自然と景色が変わります。

 なりたい人の姿には、なるべくして成る。秋に、実が生るように。

Img_4813

« イタリアの風景6 | トップページ | 歩いては 犬に教えられ »

ことばの時代」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 望むひと 望まれるひと:

« イタリアの風景6 | トップページ | 歩いては 犬に教えられ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31