« 白球の行方に | トップページ | 初夏、凛として »

残る言葉のように

霞がかった朝、ひんやりとした空気と暖かな南風が入り混じった明るい朝です。

Rimg0060

 設計コンペが佳境に入って、集中する日。明日の〆切りまで、すこしでも、よりよい提案を

するべく作っていきます。と言っても、案は出来上がっているので、料理に例えると、盛り付け

をする段階です。いい素材、この場合は、元になるアイデアが良ければ、その素材の良さを

引き出す料理の腕こそが、設計の仕事。経験を生かして、味付けをすることが、デザイン。

最後に、言葉を添えるのが、盛り付けということになるでしょうか。

 「残る言葉」のように、かたちにする、仕事の日です。

« 白球の行方に | トップページ | 初夏、凛として »

ことばの時代」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残る言葉のように:

« 白球の行方に | トップページ | 初夏、凛として »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31