« 設計屋の年末進行 | トップページ | 華のあるひと »

思索の寄り道廻り道

すっかり冬の空気に入れ替わった朝、夜明け前に海へ着くと、遠くに緑のツリーが

マリーナの舳先に浮かんでいました。

Rimg2198

 冬の海、暗雲垂れ込めて、すこしホラーチックな夜明けです。

Rimg2201

 ゆうべ「ひと・まち・鎌倉ネットワーク」通称「ひまかね」の例会兼忘年会が無事?

終わりました。新参者の私は、メンバーの話に、ひたすら、うなづき笑いつつ、おひらき。

今日からは、仕事抜きプライベートな冬休みを、ゆっくりと始めます。

Rimg2196

 師走も、後半になって、いつもは何かと気忙しい時期ですが今年はいつになくのんびり。

それもこれも、前半から仕事に励んだ自分のおかげ。「自助努力。」の四文字が、

我ながら身に沁みて、実感されます。身の周りの環境も次第に整って、誠にありがたい。

 決して、自分だけの努力ではなく、たくさんの方々の支えがあってこその年の暮れです。

Rimg2197

 みんなのお陰で得られた、自分の時間は、仕事を与えてくださる方々にお返ししようと、

今までになく、思うようになりました。来年、始まる新しい仕事は、一年かけてじっくりと

取り組もうと思います。今まで、アンテナを張って集めた、自分の引き出しの中から、

テーマに沿ったデザインや技術を、選りすぐってより良い設計に活かしたいと願います。

 手元の資料に目を通すことで、今までの蓄積が、寄り道したり廻り道して、より広がって

いく手ごたえを感じながら、じっくりと時間をかける仕事をする。

そんな「走らない」師走の折り返しでした。日々、是好日。

 

« 設計屋の年末進行 | トップページ | 華のあるひと »

ことばの時代」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思索の寄り道廻り道:

« 設計屋の年末進行 | トップページ | 華のあるひと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31