« 設計コンペ雑感6 | トップページ | 答えを探しに »

男子の本懐

週明けの朝が静かにはじまりました。エゴノキの白い花が咲いています。

Rimg3894

いつものように、八幡様に週の無事をお願いし一礼。穏やかに過ごせますよう。

Rimg3893

昨日、「ラストサムライ」を見て、男子の本懐ということを考えました。

唐突ではあるけれど、男ならば、と。

Rimg3881

武士道はどこへいった。のかと、思うことは多い。自分に気概があるとは言えませんが、

原子力不安院の対応なぞ見ていると、男子の本懐を持って事に当たっているはずは

ない。すくなくとも、現場の体を張った人々の気概には、比べるものもない「人事」です。

Rimg3888

男子に生まれたならば、本懐を遂げるのが当たり前のはず。

おおもとの、自分の望み。なんだったか、今一度、考えるいい機会です。

Rimg3889 

男子の犬にも、主張があるように、にんげんも手本にならなくちゃ。

どこまで、行けるかな。

« 設計コンペ雑感6 | トップページ | 答えを探しに »

ことばの時代」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男子の本懐:

« 設計コンペ雑感6 | トップページ | 答えを探しに »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31