« 風に吹かれ、転がる石のごとく | トップページ | 己の住処 »

出た所勝負

Rimg5334_2

 設計の仕事は、結果を想定して、あるべき姿にもっていく予定調和なのですが、

以前より、そう細かく決めないで行き当たりばったり、直感勝負でもいいと思えるように

考え方が変わってきました。今年は、震災以後「これはそんなに大事なことだろうか?」

と幾度も立ち止まり、振り返ることが多くなったようです。

Rimg5342

 その時々の判断で、良かれと思える選択をしていく。理詰めで細かく行っても、

逃げ場の無い、融通の利かない、息苦しい、そんな場所へと向かうような気がしてきます。

Rimg5343

 手持ちの駒、たくさんなくても、勘所さえ外さなければ大事なことなんて多くない。

そう思えるようになってきたのは、新しい感覚の萌芽でしょうか。

 名人が舞台に上がる時の「出たとこ勝負」。まだまだ小僧っ子の自分に、合った行き方。

しばらく探してみようと思います。

« 風に吹かれ、転がる石のごとく | トップページ | 己の住処 »

ワークス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出た所勝負:

« 風に吹かれ、転がる石のごとく | トップページ | 己の住処 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31