« 移ろう時の中で | トップページ | 風に吹かれ、転がる石のごとく »

風の道をゆこう

夜明け前、まだ暗闇の中を海へと向かううち、少しずつ空の蒼が明るくなっていきます。

時折通り過ぎる車の音が止むと、頭上の蝉の声と、足元の虫の声が耳に心地よい。

奏でられる至上の音楽を聴きながら歩く、そんな九月の朝がはじまりました。

Rimg5322

 海の家の解体が始まって、もうじき滑川に架かるこの橋も来年の六月まで

どこかへ仕舞われます。夏はあっけなく通り過ぎますね。

Rimg5331

 凪いだ海、水面と空がお互いを映すようなハーモニー。

涼しくなった海風を全身で受けながら、大きな気持ちになれる朝です。

Rimg5332

 海風の通り道は雲のひろがりが指し示すとおりで、とても素直。

こういうのを人生にたとえると「順風満帆」というのでしょう。

Rimg5335

 秋の入り口にたち、今日も風に吹かれています。よい、一日を。

« 移ろう時の中で | トップページ | 風に吹かれ、転がる石のごとく »

K設計室の日々コラム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風の道をゆこう:

« 移ろう時の中で | トップページ | 風に吹かれ、転がる石のごとく »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31