« ココロの花 | トップページ | 少しずつ、思うとおり »

季節と中身と充実と

無事、ひと・まち・鎌倉ネットワークで報告会を終えて、今日から仕事に集中します。

Rimg6365

 澄んだ秋の空は、ほんとうに清清しく気持ちがいい。

Rimg6366

 何事もなく無事平穏な秋を過ごせること。かけがえのない日々です。

Rimg6373

 蔦も紅葉を始めて、いよいよ秋が深まっていきます。

Rimg6324

 犬の充実した日々は、飼い主が「かまう」ことによって齎されます。

そのことを、知ってか知らずか、鼻をふくらましてする要求。

 「なぜ、まだ散歩にいかぬ?」「暇そうではないか?」

 大きなお世話ではないか、と力なくつぶやく飼い主です。

Rimg6363

 「ご飯はまだなの?」「早くしましょう」と無言の圧力をかける、もう一匹。

飼い主の中身の充実によって、もたらされる仕事から、君たちの日々の糧は得られる。

そのことを、肝に銘じておきなさい。

 犬相手の通じぬつぶやきも、シアワセならばこそ。日々是感謝。

« ココロの花 | トップページ | 少しずつ、思うとおり »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 季節と中身と充実と:

« ココロの花 | トップページ | 少しずつ、思うとおり »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31