« 季節と中身と充実と | トップページ | 晩秋の半月 »

少しずつ、思うとおり

 鵠沼の家の軒先が、あらかた出来上りました。骨組みの鼻先につくので、「鼻隠し」です。

Rimg6343

 この材は、垂直についているので、水が落ちるように「断ち水」と呼ばれます。

骨組みが斜めに降りてくるので、普通にすれば、地面に対して斜めになります。

そこを、垂直に断つことで、すぱっとした一本線が通ります。

意志が通るかのように、建物の印象がきりりと締まります。

その分、見栄えは大工さんの腕によるところが大きいのですが、幸い信頼のおける方々。

設計者の意図するところ、「見せ場」というのを何も言わずとも理解してくれています。

Rimg6344

 予算のこともありますが、極限に近くまで無駄を削ぎ落とした佇まいは、

ひと手間、ふた手間かけてくれることで、決して貧相にはなりません。

 日本人の物を見る目は、優れていますから、見る人にはちゃんとそのことが伝わります。

 すこしずつ、設計したことが「思うとおり」に実現してくれる、大工さんに感謝するばかり。

« 季節と中身と充実と | トップページ | 晩秋の半月 »

鵠沼の家づくり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少しずつ、思うとおり:

« 季節と中身と充実と | トップページ | 晩秋の半月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31