« 忘れないように | トップページ | ココロの花 »

つなげていこう

 秋の雨上がり、すこしずつ明るさが増していく、心地よい朝の始まりです。

Rimg6329

 季節はまだ晩秋、と教えてくれる浜風。すこし高い波が寄せる由比ガ浜です。

Rimg6332

 すこしずつ、去年とは違うアプローチをしようと、試行錯誤を始めた今年も、

エンジンがかかりだす前に年が明けそうです。けれども、なにかを始めなければ、

なにも始まらない。中国の名言「話していても、ご飯は炊けない」の通りです。

Rimg6337

 行動していくと、気の合う人と出会えたりします。

黒子として、仲間との会合を企画すると、思い切って声をかけた方がまたそこに参加して

下さったりもします。今年は、会える、ということの意味を深く考えて、人と会います。

Rimg6338

 尊敬する建築家は数々いますが、その中の二人の残された言葉、

ことあるごとに思い出します。そして、背中を押してもらいます。

Rimg6339

 吉阪隆正さんは、「世界中に、同世代の同志をつくりなさい。」

時々、黒子に徹する意味を問われた時には、この言葉を返します。

世界中、は無理かもしれませんが、身の回りだったら、出来る。

そう思って、すこしずつすこしずつ、続けています。

Rimg6340

 西澤文隆さんは、「人のために、身を粉にして働くことは、結局自分を

肥らすことになる。」坂倉準三さんの跡を継ぎ、事務所を始められた時期の言葉です。

 仕事に限らず、人でも物でも、つなげること。すこししか出来なくても、ちょっとずつ

続けていきます。よい、休日を。

« 忘れないように | トップページ | ココロの花 »

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つなげていこう:

« 忘れないように | トップページ | ココロの花 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31