« 淡色の考え | トップページ | ほっとけない秋 »

地道を歩く

 秋風が冷たく感じられても、やっぱりまだ温かい秋のようです。犬と並走しながら

若宮大路を駆け上がると、息を切らしながら、暑い!と思う立冬前の朝。

 すこし鈍った体を目覚めさせるために、朝散歩の帰り道、200メートルダッシュを

始めてみました。遠い昔、高校の時の自分より、体重が五倍ぐらい重く感じられます。

気持ちは3メートルぐらい前にありますが、カラダが重くって犬に引っ張られています。

Rimg6252

 ドラッカーさんの著作の中の言葉から、いろいろな考え方を導き出すヒントをもらいます。

仕事とは「自らの内面の豊かさによって、自らの仕事を生み出す」こと。

 さまざまな事柄を伝えるだけではなく、万人に通じる言葉の数々があります。

Rimg6253

 地道、この言葉を幾度となく思い浮かべるこの頃になりました。

今を考えるのと、先を考えること。二つの時間を生きなさい。

ドラッカーさんの、予見、先見、に頭をたれ、経営とは、行うこと。

Rimg6257

 とぼとぼ歩く、地道の地平が、それぞれにあります。

« 淡色の考え | トップページ | ほっとけない秋 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地道を歩く:

« 淡色の考え | トップページ | ほっとけない秋 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31