« 秋の日がな一日 | トップページ | 人気のない風景 »

足るを知る

 とても真っ直ぐは歩けぬほど、強い南風が吹く朝です。寒さは和らぐけれど、

ちょうどよい感じにならないのが、季節の変わり目なのでしょう。

Rimg6452

 あとひと月でクリスマス。早すぎ。ただでさえ浮き足立つ季節に、

追い討ちをかけるようです。なにかゆったりする術はないかなぁ。

Rimg6447

 昨日、池田晶子さんの「暮らしの哲学」を久しぶりに読み返し、

その文章の柔らかさを感じました。今までは、強さだと思っていたけれど、

しなやかで自由自在な言葉。気付かなかった、優しさがありました。

Rimg6448

 今年は、もうすこし、あとすこし、って無理をすることがあります。

結局は空回りして、逆戻り。元の場所より後退しているかもしれません。

 「足るを知る」ことを忘れてしまっているようです。

Rimg6449

 「小確幸」小さく確かな幸。確かな実感さえあれば、満たされる。

人の望むものは、少ない。足るを知る。しばらく考えます。

« 秋の日がな一日 | トップページ | 人気のない風景 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足るを知る:

« 秋の日がな一日 | トップページ | 人気のない風景 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31