« 平穏の足音 | トップページ | こぞ今年 »

遠い港町の面影

 石巻は、水産加工のとても盛んな港町でした。過去形で語ることになったけれども。

先日の同窓会、名取市の友人が、再開された笹かまぼこを持ってきてくれました。

今まで食べてたよりも、とても美味しかったのは、思い入れがあったからかもしれません。

Mi14

 石巻の港へ向かう途中、大きな交差点にあるはずのない漁船が打ち捨てられたまま。

港の施設もがらんどうになったまま、の寂しい景色が続きます。

Mi19

 震災から半年が過ぎて、ようやくがれきが集められて、これからが大変でした。

運ぶ車両も人も、足りないそうです。

Mi23

Mi26

 地盤沈下で面影が無くなった堤防、かすかに線になって残ります。

Mi28

皮肉にも、沈んで蒼さが増した海と、青空だけ見ているといい景色にしか見えないけど。

Mi29

 唐突に、横倒しになった魚油のタンク。高さ11メートル近いこのタンクは、ここから

数百メートル先の水産加工工場から流されてきたのです。

この大きさが、あの日の、津波の流れを物語っていました。あまりに巨大で、

処理する術がないかのようです。

Mi32

 水揚げのおよそ八割が、様々なかたちで加工され、わたしたちの食卓にも上っていた

東北の海産物。まだ、しばらく水揚げしても、加工する場所、人、機械がありません。

 日本の海の恵み、そのありがたみを、今回の震災は、感じさせることにもなりました。

当事者の方々の、働けない辛さ。何事もなかった我々には、思い測ることも出来ず、

忘れないようにすることだけです。   

« 平穏の足音 | トップページ | こぞ今年 »

旅たびの旅」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠い港町の面影:

« 平穏の足音 | トップページ | こぞ今年 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31