« 数字にならない仕事 | トップページ | 見知らぬ街まで »

冬のんびり

 冷えた空気がきりり、凛と背筋を伸ばして歩く、そんな日曜日の朝です。

Rimg6487

 今朝の朝焼け、今シーズン一番の仕上がりです。日が昇る直前の色合いには、

ほんの数分で消えてしまうからこその、美しさがあります。

Rimg6490

 滑川の滑らかな河口には、仲良くのんびり、それぞれがマイペース。

Rimg6492

 ゆっくりと波紋を描きながら、冬の朝のひとときを過ごしています。

Rimg6478

 いつもより、寒く感じるここ数日ですが、紅葉はいまだ遅く始まるよう。

Rimg6479

 西日に照らされる山の上も、紅くなる前に葉がまばらになりました。

Rimg6483

 家人が風邪っぴき。親父と雄犬の中年コンビ二匹での夕暮れ散歩。

妙本寺まで足を伸ばし、山門脇の紅葉の様子を見に行きます。

お化粧直しをされて凛と建つ山門脇の、大きな紅葉は今年も、十二月過ぎてが

よろしいようです。やっぱり、昔よりは暖かい冬なのでしょう。

Rimg6485

 また参りますと頭をたれ、来た道をゆっくりと帰る散歩道。

いつもより、のんびりと歩く、冬の参道にて、鳥のさえずりを聴きながら。

« 数字にならない仕事 | トップページ | 見知らぬ街まで »

うつくしいもの」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬のんびり:

« 数字にならない仕事 | トップページ | 見知らぬ街まで »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31