« 冬の診断 | トップページ | 家づくりの佳境 »

自分たちのアーカイブス

 冬の寒さを、降り続く冷たい雨が助長するような日が続いています。

巷では、クリスマスソングがあちこちで耳を掠める、そんな季節が来ました。

雨降りが続いて朝が暗いので、写真を撮られない日々。そんな時には、去年の

アーカイブから、見繕ってまいります。

Rimg2014

 去年の今頃は、お天気も良く明るい季節であったようです。

いつもの海辺も、光りが優しい感じがありますね。

季節は同じように巡っていきますが、受け手のわたしたちの気持ちの在り様は

変わっていきます。今年の、師走は平穏無事に、静かな日々を願います。 

Rimg2019

 若い時分には、振り返ったり、以前のことを引っ張り出したり、はしないものですが、

歳を重ねると、さてあん時はどうだったっけ?と思うことが多くなります。

いわば、自分たちの立ち位置を確認するかのように、探すアーカイブス。

過去の、在り様が紡がれて、現在に至っているのを確かめるように。

Rimg2148

 寒くなってきたから、暖かな家の中でする自分のアーカイブ。

昔を、振り返ることは、前向きな後ろ向きでもありますね。

 雨露しのげる家があり、三度の暖かい食事があれば、あとは何を望むのでしょう?

池田晶子さんの本に、こうありました。

震災の年に、心に留め置く言葉です。

« 冬の診断 | トップページ | 家づくりの佳境 »

ことばの時代」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分たちのアーカイブス:

« 冬の診断 | トップページ | 家づくりの佳境 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31