« まとめ、残す | トップページ | 混沌より整頓 »

ことばをえらぶ

 いつの間にか夏至を通り過ぎて、もうじき七夕の季節になります。

今の時期らしい湿った北風に、七夕飾りがゆっくりとたなびいています。

Rimg9518

 滑川の河口に、由比ガ浜と材木座を結ぶ橋が架かり始めました。

夏への扉がすこしずつ開く、そんな週末を迎えますね。

Rimg9536

 ことばは人となりを表わす。ぞんざいなことばは、ぞんざいな中身が現われたもの。

文章にするのにことばを選ぶように、日常のことば使いも丁寧を心がけたい。

Rimg9521

 設計の仕事で使うことばは、寸法です。線を描き寸法をおさえる。

正しい寸法が端正な建築をかたちづくります。

その点で、ことばを使うこと、寸法を決めることは似ていますね。

Rimg9527

 ことばがひとを表わすように、えらんだ寸法が建築に表われる。

結局、ひとの中身が表われるのは、同じような道筋なんですね。

Rimg9533

 引き潮に消えてゆく潮騒のように、発せられた言葉も消えてゆく。

自分らしいことば、言葉少なでいいから、選びたいこの夏です。

Rimg9531

 もの言わぬ相方。無口な夏のはじまりです。

« まとめ、残す | トップページ | 混沌より整頓 »

ことばの時代」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ことばをえらぶ:

« まとめ、残す | トップページ | 混沌より整頓 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31