« 祭りの後先 | トップページ | 八月の声 »

人の為すこと

 遠くまでキモチが伸びるような、極楽な南風が吹き抜ける朝です。

Rimg9875 

 毎朝の雲のかたち、刻々とその姿を変えながら、空を泳いでいきます。

Rimg9873

 連日、四年間の成果を試される選手たち。そのひとりひとりには、支える人々がいる。

そのことを考えるだけで、勝敗の行方より、自然とねぎらう言葉が思い浮かびます。

Rimg9884

 月がこちらを見ているように、見守る。四年分の一日。

気の遠くなるような努力の結果、順位やメダルより大事なものをもらいましょう。

Rimg9872

 今年も変わらず開く大輪。人の為すことに、敬意を。

« 祭りの後先 | トップページ | 八月の声 »

ことばの時代」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人の為すこと:

« 祭りの後先 | トップページ | 八月の声 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31