« 一服のひととき | トップページ | 集う、日曜日 »

日々刻々

 中秋の名月だというのに、無粋にもやっかいなタイフーンが近づいてきます。

Rimg10635

 嵐の前の静けさ。ここ数日、風が強く吹いたり蒸し暑く晴れたりにわかに暗くなったり

女心そのものの?秋の空模様です。

Rimg10627

 人間はげんきんなもので、同じ自然現象なのに、自分にとって都合が悪いお天気を

うらめしく見上げたりします。日々刻々と変わるのは、お天気も人の気持ちもおんなじ。

こういう日には「平常心」を心がけ、文化祭経由ネットワークのシンポジウム行き、

お出かけしてきます。

Rimg10629

 季節が、またひとつ駒をすすめて、新しい月。

襟を正して、すこし姿勢よく、前向きに秋を進むとします。

Rimg10631

 くっきりと水平線を描いて、波が高くなってきます。

ココロは穏やかに軽やかに。週明けは、静かに始められるといいな。

« 一服のひととき | トップページ | 集う、日曜日 »

鎌倉にて」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日々刻々:

« 一服のひととき | トップページ | 集う、日曜日 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31