« 白露の季節 | トップページ | 静謐と寡黙 »

高度を上げよう

 秋の空。浮かび流れる雲が、女心?のように移ろう季節です。

Rimg10375

 飛び回るような、少年の真夏を過ぎて、九月は大人しい季節。

秋というにはまだ早いから、大人の夏休みにはちょうどよい、美味しい季節ですね。

 秋旅の計画でもしながら、しっかりと働くことにしましょう。

Rimg10382

 若い時分には、自分の側から、自分を中心にして世の中を見ていました。

それこそ小さな見方しか出来ないのは当たり前です。

足元と目の前ぐらいしか、把握するのが精一杯で。

Rimg10381

 ある時期を過ぎると、俯瞰しながら周りを見ることが出来るようになります。

上空から、周りを見ながら、自分にピントを合わせるような感覚。

飛行機が離陸して、高度を上げながら、だんだんと上昇していくように、ココロを上げて。

Rimg10385

 文字通り、秋の空は高く澄む。ぐーんと高度を上げるには、ぴったりの季節です。

Rimg10389

 自分なりの、行雲流水。無垢なココロを忘れずに。

« 白露の季節 | トップページ | 静謐と寡黙 »

K設計室の日々コラム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高度を上げよう:

« 白露の季節 | トップページ | 静謐と寡黙 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31