« 雲の道へ | トップページ | 新月を待つ »

季語のように

 光がうつくしい季節ですね。遠くまで澄み渡る高い空に、昇る朝日を出迎えにゆく。

Rimg10740

 秋という季節は、いろいろな贈り物を届けてくれます。

Rimg10658

 人類は、麺類。これからは、日本酒なんぞも、そこに加わりますし。

Rimg10744 

 季語のように、風景をうつす言葉。きれいな大和言葉をうつくしい声で聴きたい。

ぞんざいなTVの音を遠ざけて、風の音を訊き潮騒に目を閉じる。

Rimg10747

 時がとまったような、秋の海を眺め過ごす。

ことば は いらない のかもしれません。

 よい週末を 元気で。

« 雲の道へ | トップページ | 新月を待つ »

ことばの時代」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 季語のように:

« 雲の道へ | トップページ | 新月を待つ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31