« 和みの秋 | トップページ | 今日のはじまりに »

自分のリアル

 養老先生の新書「日本のリアル」を、ゆっくりと読み始めています。

知らない見方、ものの考え方を、一冊の本から教わることはとても多い。

Rimg10842

 ひとりひとりの、目の前にある「現実」は個々のすがたをしています。

路傍に人知れず咲く花は、とてもリアル。風に揺れるだけで実感をする清明な空気。

Rimg10841

 確かに感じられるのは、自分が見ようとするものからしか感じ取れないのかもしれない。

金網の向こうの、とてもちっぽけな「命」と向き合うのもリアル。

Rimg10665

 ちっぽけな、ここにある、さがすべくもなくここにある、自分にとっては

リアルという言葉ではなく、「地道」と言う言葉が近く思えます。

Rimg10784

 朝日の差し込む参道に、地道という言葉を重ねる秋の日です。

« 和みの秋 | トップページ | 今日のはじまりに »

ことばの時代」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分のリアル:

« 和みの秋 | トップページ | 今日のはじまりに »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31