« 饒舌な沈黙 | トップページ | 手のひらの線 »

まっとうに

 GWの始まり。谷戸ではトンビがピーヒョロロ。しずかにのんびりと始まる土曜日です。

我が家の藤棚が見頃を迎え、季節の移り変わりの早さを実感する朝。

Rimg0002

 いろいろと震災以後の状況について書かれた本を読んでいて、この国の政治がいかに

デタラメなのか、今更ながら感じています。ことさら批判する立場にはいないし、

声高に叫ぶのも暖簾に腕押し。不満を向ける矛先も、無限にあるような借金大国。

1000兆円をこす負債。歯止めすらかからない、遣り切れなさは何処へ。

Rimg0007

 まっとうに生きる。高校の恩師が言われた言葉。

繰り返し思い出すGW。笑顔で仲良く。まっとうに。

« 饒舌な沈黙 | トップページ | 手のひらの線 »

ことばの時代」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まっとうに:

« 饒舌な沈黙 | トップページ | 手のひらの線 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31