« 日々是日々 | トップページ | 気持ちを養う »

路地の風景

 皐月晴れが戻って気持のよい、清々しい朝の鎌倉です。よい週末の予感に満ちて。

Rimg0001

 今回の旅は風景をゆっくりと巡ることが出来ます。歳を重ねた分そうならなくちゃ可笑しい

かも。落ち着きを取り戻した感覚を失わないようにしたいものです。

Rimg0050

 清水の賑わいを、反対側の子安の塔から静かに眺めて、坂を下りて路地を曲がる一日。

Rimg0046

Rimg0052

 ほどよい空間の大きさに囲まれて、時がスローペースになります。

Rimg0053

 ふと足元をみると、ゴミだしのポリバケツさえ、竹籠に入れられて目立たぬようになって

こういう細やかな感性が、古い街並みを支えているのですね。

Rimg0056

 お店の入口のガラス戸、摺り模様が影絵となって映り込むのも風情。

Rimg0057

 ゆっくりと歩きながら、目にする路地の風景。一コマずつ「絵」になる京都です。

Rimg0060

 こう書いていると、また行きたくなってきます。よい旅をたびたびに。

« 日々是日々 | トップページ | 気持ちを養う »

旅たびの旅」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路地の風景:

« 日々是日々 | トップページ | 気持ちを養う »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31