« 自然のゆらぎ | トップページ | 気休め日和 »

まず総理から前線へ

 憲法という誇れる「平和の楯」の使い方がわからず、言葉の使い方の「へた」な一総理。

アジアのお手本になるような政治すら出来ず、徴兵制への道を選ぶ。

 自分の子供たちの、その先へ、申し訳ない。

 以前見た意見広告の絵図柄を思い出す。

両側から市民が手を指示し、「では、まず、総理から前線へ。」どうぞ。

« 自然のゆらぎ | トップページ | 気休め日和 »

ことばの時代」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まず総理から前線へ:

« 自然のゆらぎ | トップページ | 気休め日和 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31