書籍・雑誌

この冬の三冊

 暮れに用意して、とっておいた本を読んでいます。

Rimg11468

 河原理子かわはらみちこさんの一冊。V.フランクルの本からつながるノンフィクション。

本屋さんで「呼ばれて」即買いしました。こういうのは、直感でわかります。

 読む前に、読み返すのは 、そのおおもとのフランクルさんです。

久しぶりに本棚から引っ張り出して、ゆっくりと深呼吸して読み始めます。

Rimg11470

 以前読んだ時より、より一言一言がココロにすんなりと響きます。

内容は、ひとりひとりがどう「引き受ける」かによりますから、野暮は言いません。

 一年の始まりに、これからを考えるわたしには、いい本です。

この二冊は、いわば過去と今を俯瞰するように見るための、礎のようなもの。

おおもとの、なにかを後押ししてくれるものです。

Rimg11469

 三冊目は「自分を変える教室」。以前からスタンフォード大学の講義に面白いお題が

多く気になっていましたから、これもすぐ手に取りました。今読みかけですが、

とても面白い。われわれがいかに観念に囚われているか、たくさんのなるほどが

見つかる本。実践形式の講義なので、今年の始まりとともにすこしずつ進めるのもいい。

 いつものように、前向きな読書であります。ぜひ、ご一読を。

読書の秋の入り口

ここ鎌倉では、強風ばかりが渦巻いて、パラパラとしか雨がこない、へんな台風です。

かたや大雨が降り続き、大変な週末を迎えている場所があるというのに。

地震だけで、たくさんなのに、日本の踏ん張りが試されているのでしょうか。

Rimg5292

 盛り上がる波頭、取り残された海の家、誰もいない砂浜は寂寥感に満ちています。

Rimg5299

 すこし涼しくなると、本を開く。秋の夜長、台風が過ぎれば虫の声も大きくなります。

Rimg5287

 片手には、池田晶子さんの「考える日々」もう片方にはドラッカーの「仕事の哲学」。

私にとっては、どちらも身近な哲学書です。悩むのではなくて、きちんと考えること。

自分だけで、考え続けることからしか、道は開きません。不安は、思わなければ不安に

ならない。先人たちの、残した言葉を幾度も読み返しながら、思索する秋。

Rimg5290

 風に揺れる、外灯も詩的に見える九月の入り口。

Rimg5288

 台風の曇り空を、低く滑っていく鴎のあとを目で追いながら、

読んだ内容を振り返る、一日のはじまりです。無事でありますよう。

理屈、抜き

こういうことを言う自体、そうなのですが、理屈っぽい!!のです。

 女性は感情、男は理屈。時に、自分がウザッたくもなります。

日々、直感で動いているはずが、後付の理由を捜して、くっつける。

贅肉を、わざわざ後追いで付け足しているよう。祖形に戻るべきな、わたしです。

Rimg1686

 この本は、理屈がいりません。ただ、感じて泣く技術。人の力は∞

山根さんは「メタルカラーの時代」もお勧めです。日本のこれから、もこの本を読めばいい。

 理屈は、あとから、いくらでも、です。

七夕の一冊

なんだか久しぶりの、朝の青空の下へ、スペインのゴールを見届けて出かけました。

Rimg0709

 陽射しは真夏のようすをしています。風の涼しさも手伝って、気持ちの良い

「抜けた」気分の、七夕明けの朝です。

Rimg0712

 まだ事務所勤めをしていたころ、大きな会社では、水曜日をノー残業デイ とするように

なってきていました。ここに来て、一般に浸透して、水曜日が飲み会の日になっている様子。

金曜日はつい、終電まで、となることが多いのに比べ、水曜は週中なので、二時間ほどで

切り上げるパターンになるそうです。適度な息抜きで、週後半に向かう、庶民の知恵?なの

でしょう。

Rimg0711

 こちら自営業者は、七夕なので?午後から読書日。先日、家作りをした友人から、

おいしいコーヒー豆とともに、本が返ってきました。久しぶりに読み返した「最後の昼餐」。

亡くなられた、建築家の宮脇檀さんが、日常の楽しみを生き生きと描かれた一冊です。

 パートナーの根津りえさんの描かれたイラストと一緒に、人生を楽しむ日々。

美味しいものと、駆け抜けた人生。ひとつの理想がありました。

 「最初に売れるより、最後に残るが価値。」最後は勝ちではないところが、オリジナルの

この考え方。昨日、見つけました。自分が納得するかたちを、後押しする言葉を見つける

のも、いい休みの使い方から生まれるようです。

帰る場所があるってこと

台風がゆっくりと北上して、雨が降り出しました。朝の散歩も

途中で引き返し、犬もイソイソと帰ってきました。

 秋はすでに明け方の明るさにも反映されていて、

段々とこれからは早起きがつらくなってきます。

起きることそのものより、廻りの暗さ加減が、目覚ましに

ならない、スイッチがはいらない、といった感じです。

 サマータイムよりウインタータイムの導入がいりました。

帰る道すがら、帰る場所があるのは、いいことだなとふと思いました。

宇宙飛行士、野口聡一さんの「スィート・スィート・ホーム」を読み、

彼の地「ヒューストン」にいらっしゃること、ハリケーンの被害をうけたこと。

など、ブログから知りました。宇宙から帰還することに比べれば、

ただ散歩から帰っただけですが、「帰る場所」があることには

変わりない。その場所を作り出す仕事につけてよかった。と思う秋です。

 九月も半ば、プロ野球も終盤戦。週末の巨人vs阪神戦、楽しみになってきました。

Img_1940

時間つなぎ紡ぎ

季節は早く、変わり目のようで、初夏にむけて

すっきりとはいかないみたいです。

 こんな日には、本棚からひとつかみ。

ランダムに引っ張り出して、パラパラと読むのも

有意義な休日の過ごし方かと思います。

 休みに意義を求めること自体、休んでないような

気もしますけど、日々の暮らし方そのものが

ものづくりに繋がっていくと思えば、「それでいいのだ。」

なかなか、バカボンのパパのように言えなくとも。

 母の日、雨がやんだら、近所の花屋さんに出かけてきます。

フツーの日曜日、フツーに過ごせることに感謝して。

写真は「ある晴れた日」。

Img_0432

Img_0794

Img_0795

今日のきもちのかたち

今朝も由比ガ浜はとても穏やかでした。秋の空は本当に高く感じられます。

やっぱり、空気がひんやりと澄んできたからでしょうか。

穏やかな海と同じように、気持ちも穏やかだといいなぁ~

その穏やかなきもちをかたちにするには

どうしたらいいのかを考え続ける仕事は楽しいです。

Sn370024

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31